ツインレイの相手の感情が伝わる・相手を感じる理由とは?なぜツインレイだと相手のことが分かるのでしょうか。ツインレイのテレパシー能力の特徴や、ツインレイ男性・女性の気持ち、統合する方法などについて解説します。

ツインレイと言えば運命の相手とも呼べる相手ですが、ツインレイ同士だと相手の感情が伝わると言われます。その能力をテレパシー能力と言いますが、なぜこのようなことが起きるのでしょう。

そこでこの記事では、ツインレイの相手の感情が伝わる理由やその特徴を紹介していきます。

ツインレイの相手の感情が伝わる理由

ツインレイの相手の感情が伝わる理由は、ツインレイ同士が出会うと魂が繋がるためです。ツインレイは元々一つだった魂が分かれ、それぞれが命として現世に誕生した存在です。そのため、片割れの魂と出会い、統合することを悲願としています。

そのようなツインレイ同士が出会うと、その時点から統合するために魂が繋がります。お互いのエネルギーを交流させ、魂を成長させていくことで、最終的に魂は統合するのです。

そのようにして魂が繋がると、ツインレイはお互いの考えや感情を共有することになります。相手の考えや感情が自然とわかるようになるのです。

このようにして統合のために魂が繋がるため、ツインレイはテレパシーのようにお互いの感情や考えが伝わるのです。それは自分の意志とは無関係ですので、勝手に相手の感情が流れ込んでくることになります。

ツインレイのテレパシー能力の特徴10個

ツインレイの相手の感情が伝わる・相手を感じる理由と特徴
(画像=『Spicomi』より引用)
(1)出会う前から繋がっている
(2)出会ってから繋がりが強くなる
(3)付き合う中でどんどん繋がりが強くなる
(4)感情を共有する
(5)相手の考えていることがわかる
(6)無意識に伝わってくる
(7)繋がりが弱くなる日もある
(8)相手の体調が悪いこともわかる
(9)一緒にいなくても一緒にいる感覚を感じる
(10)自分の思いが相手に伝わる

ツインレイ同士は出会う前から、魂が繋がっています。それにより引き寄せ合い出会うことになるのですが、まだその段階では相手の感情が分かるほどの強い繋がりではありません。しかし二人が出会うと、その繋がりは一気に強まります。

ツインレイが出会うと様々な試練が訪れることになり、それを乗り越えていくことで二人の魂は成長していきます。そしてそれと同時に繋がりも強くなっていき、統合する頃には、お互いの感情や考えがわかるほど、強い繋がりになっていくのです。

ツインレイは相手も同じ気持ち?

ツインレイだからといって、常に相手も同じ気持ちだとは限りません。二人で考え方や価値観が異なってぶつかることもありますし、すれ違ってしまうこともあるでしょう。ツインレイとはいえ、完璧ではないのです。

しかしツインレイは、付き合いが長くなっていくことでお互いの考えや感情を共有できるようになります。それにより今相手が何を考えているかわかるようになるため、それに合わせやすくはなるものです。

相手が今日は落ち込んでいるから元気づけてあげようと考えたり、機嫌が良さそうだからお願い事をしてみたりというように、うまく対応できるのです。

そしてお互いの感情を理解できるため、気持ちの面でのすれ違いはどんどん少なくなっていきます。