本当にサバサバしてる人の特徴とは?雰囲気から怖い?きつい性格で気分屋?それとも優しい性格?サバサバしてる人の長所や短所、恋愛傾向や適職などについても解説します。

何に対してもサバサバしている性格の人は、性別を問わず誰からも好かれる存在ですよね。しかし中には「偽サバサバ」も多くいますから、本当にサバサバしている性格の人が誤解をされてしまう場合もあります。

そこで今回は、本当にサバサバしてる人の特徴について触れていきますので、偽サバサバとの違いを確認してください。サバサバしてる人に対して良い印象も抱いていない人は、印象が変わるかもしれません。

サバサバしてるの意味とは?

サバサバしてるの意味とは、周りの人が「清々しい」と感じるほどあっさりとしている様子のことを言います。

何事に対しても執着をせずに、竹を縦に割った切り口のように綺麗さっぱりと気持ちの切り替えができるのです。

そして「白いものは白い!黒いものは黒い!」とハッキリした区別をしていて、どっちつかずの意見や曖昧な表現をしません。また多くの人が悩んでしまう場面でも、冷静に判断を下してスパッと決断することができます。

本当にサバサバしてる人の特徴15個

本当にサバサバしてる人の特徴15個!怖い・きつい気分屋?
(画像=『Spicomi』より引用)
(1)悩まない
(2)切り替えが速い
(3)自分の芯を持っている
(4)個性を重んじる
(5)些細なことは気にしない
(6)冷静に判断できる
(7)愚痴を言わない
(8)特別扱いを嫌う
(9)裏表がない
(10)サバサバの自覚がない
(11)パンツスタイルが基本
(12)意見はハッキリと主張する
(13)グレーゾーンが苦手
(14)ポジティブな性格
(15)人に媚びない

本当にサバサバしてる人は、自分がサバサバした性格だという自覚がありません。物事に対して執着をしないことや悩まないことは、悩んでもどうしようもないから・時間の無駄だからといった考え方をしており、その考え方自体がサバサバしているという認識がないのです。

また女性であることを理由に特別扱いされることを嫌っており、スカートなどの女性らしさを強調する服装をしない傾向が強くなります。

自分が特別扱いを嫌いますから、関わる人に対しても分け隔てすることなく、個性を重んじて接するでしょう。そして元々あっさりとした性格をしており些細なことは気にしませんので、大雑把と感じる一面もあります。

しかし気持ちの切り替えが早いですから、感情的にならずに冷静に物事を判断して決断を下せるといった一面もあるのです。

サバサバしてる人は怖い・きつい性格?

いつも冷静で感情的にならない性格ですが、決して怖い・きつい性格ではありません。感情的になったところで何も解決しないことを把握していますから、 冷静に対応をしているだけなのです。

しかし、いつも冷静な態度で自分の意見をスパッと主張しますから、きつい性格だと誤解をされてしまうこともあります。自分の芯を持っていますから、周りの人に合わせて自分を曲げることが嫌いなだけといえます。

関わる人の個性を重んじて平等に接することができるのは、自分本位な性格ではなく、人への気配りができるからですよね。感情的にならない性格をしているだけですから、きつい性格でも怖い性格でもないのです。

サバサバしてるけど優しい人はいる?

誤解を招きやすい性格ですが、サバサバしてる人は相手を思いやれる優しい性格をしています。お世辞や余計な言葉を言いませんが、相手のために必要になることをストレートに教えてくれるのです。

優しさを持ち合わせていない性格の人なら、自分のことしか考えておらず、相手のためになることを伝えたりはしませんよね。

しかしサバサバしてる人は、相手のプラスになること・必要になることを教えてくれるのですから、優しさを持ち合わせているといえます。