ハワイで年に2回だけの、不思議な現象が起きる季節がやってきました!
日本では経験することができないハワイの自然現象をご紹介します。

影が消える怪現象「ラハイナ・ヌーン」

上記の写真で、ペットボトルの影がどこにもできていないのがわかるでしょうか?

これが「ラハイナ・ヌーン」と呼ばれる不思議な現象です。

太陽がハワイの真上を通過することにより5月と7月に起こる現象で、この自然現象は、1990年にオアフ島のビショップ博物館のコンテストで「ラハイナ・ヌーン」と名付けられました。

「ラハイナ」はハワイ語で「残酷・灼熱の太陽」という意味で、「ヌーン」は英語で「正午・絶頂」などの意味から、「灼熱の太陽が一番真上にくる昼」という訳。

真上から太陽の光が当たるため、物や人の影が真下にできることで、昼間なのに影がないかのように見え「影が消える」と言われる珍しい現象です。

2020年の「ラハイナ・ヌーン」はいつ?

ラハイナ・ヌーンの発生は、場所によって日にちと時間が異なります。
各エリアと発生時間は以下の通りです。

【カウアイ島リフエ】 5月30日12時30分 と 7月11日12時43分
【オアフ島ハレイワ】 5月28日12時30分 と 7月14日12時38分
【オアフ島ホノルル】 5月20日12時29分 と 7月15日12時38分
【モロカイ島カウナカカイ】 5月25日12時25分 と 7月17日12時24分
【ラナイ島ラナイシティ】 5月23日12時25分 と 7月18日12時34分
【マウイ島ラハイナ】 5月24日12時24分 と 7月18日12時32分
【マウイ島ハナ】 5月23日12時21分 と 7月18日12時30分
【ハワイ島ヒロ】 5月18日12時17分 と 7月24日12時27分
【ハワイ島カイルアコナ】 5月17日12時20分 と 7月24日12時31分

発生日と時間は毎年変わるので、気をつけてくださいね。

ビショップ博物館HPでもチェックできます。