神様に愛される人の特徴は?神様はどんな存在で神様に好かれるとどうなる?神様に好かれるスピリチュアルな意味、神様が嫌う人の特徴、神様に好かれる生き方などについて解説します。

何かと良い方向に物事が進んで行く人が近くにいませんか?本人が努力をしているのは当然ですが、何かと恵まれている人という人達がいるのです。そういった人達は、神様に愛されている人かもしれませんね。

誰にでも平等に接するといわれている神様ですが、実は愛される人と嫌う人がいるといわれています。

そこで今回は、神様に愛される人の特徴と嫌う人について触れていきますので、神様から愛される人になってください。

神様とはどんな存在?

信仰する宗教によって解釈の違いがありますが、神様はこの世の全てを産みだされた唯一無二の存在です。普通では考えられないほどの力を持っており、比較する対象となり得る存在がいないのが神様になります。

また遠い昔の日本には自然信仰の風習があり、風・雨・大地・海・山といった自然物を神聖視したのが、神の始まりともいわれているでしょう。

つまり、人の力では到底敵わないほどの力を持っている存在が、神様とされていると捉えることができるのです。そして神様自体に姿形がない場合が多く、神社には神様の化身として神具が祀られていることもありますね。

神様に愛される人の特徴15個

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)
(1)自分の意見を持っている
(2)前向きに生きている
(3)神様との縁を結んでいる
(4)直感を信じて行動する
(5)活発に行動できる
(6)失敗も無駄にしない
(7)他人に流されない
(8)チャレンジし続ける
(9)素直で正直
(10)思いやりがある
(11)人の気持ちに共感できる
(12)自分を大切にしている
(13)清潔感がある
(14)定期的に参拝している
(15)現実を見ている

縁がない相手のことを愛するのは難しいことですから、神様との縁を結んでいる人であることが大前提になります。そして縁を結んだだけで終わりではなく、定期的に神様の元を訪ねてくる人を愛してくれるようになるのです。

人でも一回しか会っていない人よりは、何回も会っている人に親しみを覚えますよね?神様もその点は同じだといわれており、定期的に参拝をしてくれる人を愛してくれるようになるでしょう。

また神様は綺麗好きだといわれていますから、清潔感を感じる人に好意的になるのです。決して人に流されることがなく、自分の意見や主張というものを持っており、たとえ失敗をしてもそこから学ぶ大切さを知っている人を愛する傾向があります。

しかし自分をしっかりと持っているとはいっても、自己中心的な性格の人を神様が愛することはありません。人の痛みや悲しみといった感情を、まるで自分のことのように共感して理解できる「思いやり」の心を持った人を神様は好むといわれているのです。