お掃除しているはずなのに、気づくとウロコ状の白い汚れを発見するとがっかりしますよね。でも、ウロコ状に見えるあの物体の正体は一体なんなのでしょうか? ウロコ汚れの原因とできやすい場所や落とし方についてご紹介します。

ウロコ汚れとは

水垢のウロコ汚れを綺麗に落とす方法を知りたい! スッキリ落とす方法と予
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

ウロコ汚れとは、浴室の鏡やキッチンシンク、洗面台など水廻り発生しやすい、白いウロコ状の水垢のことです。水が垢になるって驚きますよね。白いウロコ汚れの原因は水道水の成分にあります。水道水には、カルシウム、マグネシウム、ケイ素、ミネラル分などが含まれています。水滴が蒸発すると、ミネラル成分だけが結晶となって残ります。このミネラル分の結晶が蓄積して、頑固な白いウロコ状の水垢になります。
ただ、水だけが原因ではなく、浴室などでは、シャンプーや石鹸が飛散し、壁などに付着、水道水の成分と結合すると石鹸カスに変化します。この石鹸カスもウロコ汚れの原因の一つです。

水垢と石鹸カス(ウロコ汚れ)ができやすい場所

水垢のウロコ汚れを綺麗に落とす方法を知りたい! スッキリ落とす方法と予
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

頑固な水垢や石鹸カスは、水廻りに発生しやすいので普段から注意が必要です。白いウロコ状の水垢が付着してしまうと、落とすのも一苦労。家の中で白いウロコ汚れができやすい場所や物をスペース別に紹介します。注意して見て、こまめに掃除しましょう。

キッチン

キッチンは、水や洗剤を使うもっともウロコ汚れができやすい場所の一つ。蛇口などに付着すると掃除もしにくく困ってしまいます。キッチンは、毎日料理を作る場所だからこそ、清潔に保ちたい場所です。キッチンの中でウロコ汚れができやすい場所を解説します。

キッチンシンク

キッチンシンクでは食器などを洗い、飛び跳ねた水滴が乾燥し水垢になります。ピカピカだったステンレス製のシンクがいつの間にか、くすみんで白い汚れの水垢に覆われることがあります。食器用洗剤やスポンジでこすっただけでは、なかなか落とすことができません。

水切りかご

見落としやすい水切りかごも、水垢ができやすいので注意が必要です。家族が多いと使用する食器も多く、洗ったあとのお皿をサッと置ける水切りかごは大活躍してくれます。ただ、お皿から落ちた水滴が水切りラックに溜まり、いつの間にか水垢になっていることも多いので気をつけましょう。

コップ

透明でピカピカしてたコップが、いつの間にかくすみ曇ってしまったことがありませんか? 洗ったときは綺麗なのに、乾くと曇ってしまうコップ、その正体は水垢です。グラスに残ったままの水滴、拭き残しが水垢になってしまいます。

お風呂場

こまめに掃除をしても、気がつけば水垢ができてしまうお風呂場。壁、鏡、バスタブ、蛇口排水口などに発生しやすく、放っておくと水垢はどんどん広がります。シャンプーやボディーソープなどから発生する石鹸カスが多いのも浴室です。鏡が白くなって映りが悪くなったり、バスタブもザラザラしてきてます。

洗面台

家族全員が使う洗面台も水垢ができやすい場所です。石鹸で手を洗ったり、歯を磨いたり、顔を洗ったりして飛んだり残った水滴と石鹸カスがそのまま乾き水垢になります。白い洗面台では、水垢は目立ちませんが当初の輝きやツヤがなくなってきたら、水垢がついている証拠です。

鏡(ミラー)

鏡の水垢は本当に不愉快ですね。曇って映りも悪くよく見えない!ということもあります。さらに、鏡に付いた水垢は目立つので不衛生にもみえます。また、車のメンテナンスなどで、見落としがちなのがフロントガラスの水垢です。雨によって水垢が付着し、走行の妨げにもなるので、気をつけましょう。