家族全員が毎日使う洗面台は、水垢や石鹸カスなど汚れが溜まりやすい場所の一つです。でも、どうやってきれいにしたらいいか迷いますよね。そこで、汚れの原因に合わせた洗剤や掃除道具、具体的な掃除方法などをご紹介します。

洗面台の汚れの原因は?

洗面台の水垢や黒ずみの掃除方法! 重曹やクエン酸、便利グッズも紹介!
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

洗面台は、歯磨きや洗顔・手洗いなど1日になんども使用します。水も溜まりやすく湿度も上がりやすいため、家の中でもカビや水垢が発生しやすい場所でしょう。洗面台の主な汚れは3つに分類できます。

  1. 黒ずみ

まず空気中に存在する「カビ菌」によって発生する黒ずみ。黒ずみは洗面台に残った石鹸カスや皮脂汚れを栄養源とし、どんどん広がります。カビの種類に「赤カビ」がありますが、黒カビに比べ繁殖スピードが早いのが特徴です。栄養源となる汚れを取り除くことで、発生を防げます。

  1. 水垢

水道の蛇口や鏡に付着した白いうろこ状の汚れが水垢です。水道水にはカルキやカルシウムが含まれており、成分が固まることで、白い汚れとなって付着します。

  1. 油汚れ

洗面台は手や顔を洗う場所なので、どうしても蛇口や鏡などに手垢がついてしまいます。また、整髪料や化粧品などを使用するときに細かな飛沫が飛ぶこともあるのです。それらが、洗面台につく油汚れの原因です。油汚れが溜まっていると、水が流れたときに引っ掛かり水分が残りやすくなるので、水垢汚れの原因にもなります。

石鹸カスや皮脂は雑菌やカビの大好物で、わずかに付着した汚れをエサにどんどん増殖していきます。汚れた洗面台で手や顔を洗うのは、気分的にも良くないですよね。家族みんなが気持ちよく使うために、洗面台をピカピカにしましょう。

洗面台掃除に適した洗剤

洗面台の水垢や黒ずみの掃除方法! 重曹やクエン酸、便利グッズも紹介!
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

洗面台の軽い汚れは、洗剤が無くてもスポンジなどで擦れば落ちるものもあります。しかし中には、洗剤を使用しないと落ちない汚れも。そんな時は、汚れに合った洗剤を使用して掃除するのがコツです。特に食品にも使われる重曹やクエン酸を活用した掃除は、子供がいる家庭でも安心して使えるのでおすすめです。

重曹

手垢や化粧品など酸性の油汚れには、アルカリ性の重曹が大活躍します。空のスプレーに水200mlと重曹小さじ2杯を入れた重曹水を作ってみましょう。汚れた部分にシュッとスプレーして拭き取るだけで、きれいになります。汚れがひどい部分には重曹3:水1の割合で混ぜた重曹ペーストを塗ってみてください。しばらく放置してから拭き取れば、スッキリ汚れが落ちます。

クエン酸

アルカリ性の汚れである水垢や黒ずみには、酸性のクエン酸を使いましょう。空のスプレーに水200mlとクエン酸小さじ1杯を入れたクエン酸水がおすすめです。粉末がなければレモン汁でも代用できますよ。汚れにスプレーしてから拭き取ります。100円ショップでもクエン酸を溶かしたスプレーが売っているので、チェックしてみましょう。

お酢

お酢は「酢酸(さくさん)」と呼ばれる酸性の物質を含んでいます。お酢特有のツーンとした臭いは酢酸が原因です。酢酸は菌の繁殖を防ぐ効果があるため、雑菌が原因のドロドロ・ヌルヌル汚れにパワーを発揮します。アルカリを中和するため、水垢掃除にも役立ちます。市販の空ボトルに1:1の割合で水と酢を混ぜ、汚れに吹きかけてもいいでしょう。お酢で掃除をする時は、醸造酢もしくはホワイトビネガー(アルコール酢)を使用してください。ポン酢やすし酢は旨味成分が入っているので、べたつきや匂い残りの原因となります。

中性洗剤

重曹やクエン酸、お酢の用意が手元にない場合は、台所や風呂掃除用の中性洗剤でも大丈夫です。中性洗剤はアルカリ性と酸性どちらの性質も持っているので、洗面台の掃除に活躍します。素材を痛めにくく、手が荒れにくいのも特徴です。アルカリ性や酸性の洗剤の中には「混ぜるな危険」と書かれた危ないものもありますが、中性洗剤は他の洗剤と混ぜても反応しないので安全に使えます。

頑固な汚れには塩素系洗剤

洗面台の汚れの中には、放置して頑固になった黒カビやヌメリなどもあるでしょう。重曹やクエン酸などでは難しい場合は、塩素系洗剤を使用する方法もあります。ただし、塩素系は刺激の強い洗剤です。必ず手袋を使用して、換気も注意して行いましょう。また、塩素系洗剤は、クエン酸やお酢など酸性のものと混ざると有害なガスが発生して危険です。塩素系洗剤を使用するときは、ほかの成分と混ざらないよう注意しましょう。