ハワイ旅行で悩むのが、空港からワイキキまで約10キロをどのような方法で移動したらいいのか。
そこで、今回はホノルル空港からワイキキの宿泊先まで、4つの移動手段を徹底比較してみましょう。

ロバーツ・ハワイ・エアポート・シャトル/Roberts Hawaii Airport Shuttle

「ロバーツ・ハワイ・エアポート・シャトル」はダニエルKイノウエ国際空港からワイキキだけでなく、オアフ島のノースショアやコオリナなどへの送迎も行っているシャトルサービスです。

最大の特徴は、1台のシャトルで5ヵ所のホテルまでと送迎先を限定しているので、比較的短い時間でホテルに到着できること。

ただし、自分が滞在するホテルに行く便がない場合、長時間待たされることもあるようなので、あらかじめ予約を入れることをおすすめします。
予約は公式サイトから。
日本語でもわかりやすく表記されているので、誰でも簡単にシャトルの予約ができます。

※空港に到着してからでも、ロバーツ・ハワイのスタッフに申し出て、空席があれば予約なしで乗れる例もあるようです。

料金には、1人あたり2つのスーツケースの持ち込みに加え、チップも含まれているので、ホテル到着時にチップを渡す手間がいらないのも嬉しいですね。

ハワイで便利に使えるJCBカードをお持ちの方は、特設サイト(https://rh-hawaii-cp.com/jcbcard/)から申し込むことで、さらにお得に利用ができるので要チェックです。

ロバーツ・ハワイ・エアポート・シャトル/Roberts Hawaii Airport Shuttle
住所:    680 Iwilei Road, Suite 700, Honolulu
電話番号:    808-523-7750
URL:    https://www.airportshuttlehawaii.com/ja/shuttles/ja-oahu/(予約サイト)

チャーリーズ・タクシー/Charley’s Taxi

参照:@Charley’s Taxi

定額タクシーで有名なハワイの「チャーリーズ・タクシー」は、ダニエルKイノウエ空港の中に専用の乗車場所がある、空港に承認された唯一の大手タクシー会社です。

特徴は、1名ごとに料金が発生するシャトルバスとは異なり、1台につき4名まで定額の料金ということ。
タクシーといっても走行距離に応じてメーターが上がっていくのでなく、目的地ごとにあらかじめ料金が決まっているので、安心です。

また、シャトルバスのようにホテルを巡回することがないので、空港から滞在するホテルへ、またはホテルから空港へと直接向かうことができ、無駄な時間がないのもポイント。

利用には事前の予約が必要で、こちらの公式サイト(https://charleystaxi.com/jp/book-taxi/)から申し込みが可能です。

往復はもちろん片道だけでも利用可能で、送迎先もワイキキ以外のコオリナやカイルアなどを指定することもできます(送迎先ごとに料金は異なります)。

送られてきたメールをプリントアウトするなど、タクシーに乗るときに「予約番号(Booking #)」が分かるようにしておきましょう。

ハワイ到着後は空港の個人用出口を出て、正面の横断歩道を渡った駐車場内へ。
赤いアロハシャツを着たスタッフに、予約確認書を見せるかまたは予約番号を伝えればOK。

寄り道や、途中下車、経路変更を希望した場合は定額でなくなること、さらにチップや税金は含まれていないので注意しましょう。

チャーリーズ・タクシー/Charley’s Taxi
住所:    1451 S. King St., Suite 300, Honolulu
電話番号:    808-531-1331
URL:    https://charleystaxi.com/jp/