赤い光のスピリチュアルの意味とは?赤い光の正体はオーブ心霊写真?カメラやスマホの写真や神社に写る赤い光は?もし赤い光が写真に写ってしまったときの対処法も解説します。

楽しい休日、家族や友人とレジャーで日頃のストレスを発散!カメラやスマホの写真も動画もたくさん撮影し想い出を残したつもりが…後でよく見てビックリ!撮影時にはなかったはずの光の玉が…これが噂のオーブ?しかも赤い!ちょっと気味が悪くなりますね?

ここでは写真に写った赤い光について紹介しましょう。

赤い光の正体は?オーブ?心霊写真?

オーブとは「たまゆら現象」といい、光の加減で周囲を漂うチリや水滴が瞬間的に写真に写り込んだものと科学的に証明されています。

ただ、中にはどうにも証明できない不思議な光もあります。一般的にこれらをまとめてオーブと呼びますが、厳密には科学では証明できない霊的なものやスピリチュアル的メッセージがあるものが“オーブ”です。

その地に縁が深いものが、撮影した人や被写体にメッセージを伝えています。オーブの写り方も広範囲だったり注意してみないと気づかないもの、形も光り方も様々です。色は白や透明が最も多く、次に黄色や青など。これらのほとんどは守護や幸運を示しています。

ただ、ちょっと困った色のオーブもあります。その代表が赤の光。 赤い光のオーブは、マイナスエネルギーの集合体で災いを起こす危険なオーブと言われます。オーブの写真は心霊写真とは少し異なりますが、赤い光が写り込んだ場合は心霊写真とも言えるでしょう。

赤い光が見えるスピリチュアルな意味

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

赤い光の正体は、その土地やそこに浮遊する浄化できない霊や土地の精霊からの怒りや妬み、恨みなどマイナスの念の現れです。

実際に奇妙な赤い光を目撃した場合も写真に写った場合も、赤い光の主が自身のテリトリーに勝手に足を踏み入れ楽しそうにしている人に不快感を覚え、怒りや恨み、妬みの念が赤い光のオーブとなり威嚇、警告するといいます。

単に「この場から立ち去れ!」という警告ならば、去れば問題ないのですが、時には憑いて来て怪我や病気、災難といった霊障を引き起こすこともあります。

こちらにしてみれば、全く関係ないのに!と理不尽に思いますよね?浄化されない霊は怒りや哀しみ、憎しみという負の感情をそのまま持ち続けているのです。また前世でその怒りの根源と縁がある場合も稀にあります。

怒りや恨みの感情ほど強いものはありません。色の心理でも赤という色には怒りや攻撃、警戒、威嚇といった意味があります。

写真に赤い光や赤い線が写る意味

赤い球やモヤ、線のような発光体が必ずしもスピリチュアル的な現象とは限りません。よくある事例としては、気付かぬうちに撮影者の指やカバーの一部がレンズに触れていたため、撮影すると写真の一部に赤っぽい物体が光を放っているように写ります。これは人的ミスとカメラの性質の問題です。

しかし、スピリチュアル的な現象の赤い光の場合は、撮影者や被写体に対する、その地の地縛霊や浮遊霊など不成仏霊からの威嚇のサインである場合が多いのです。

人生を懸命に生き、喜怒哀楽を自由に表現している事が不快なのでしょう。まさに逆恨み的な感情の光、とんだトバッチリです。

とはいえ、霊的な赤い光は誰の写真にでも写るわけではありません。訪れた人の中に赤い光の主を刺激し触発させる“何か”を察知したため、お互いの波長が合い赤い光となって写り込んだのでしょう。人に相性があるように人と霊(モトは人)にも相性や繋がりやすさがあるのです。