ハワイの人気グルメのひとつであるプレートランチ。その容器やブラスチック製の食器はハワイ旅行をしたことがある方なら1度は使ったことがあるのではないでしょうか。この容器や食器の使用が9月6日から制限されることになりました。

発泡スチロール製容器とプラ製食器の制限が本格施行

発泡スチロールの容器やプラスチック製の使い捨てカトラリーの使用を禁止する法案がホノルル市議会で可決されたのは2019年のことでした。

ホノルル市ではこの法案を2021年1月から段階的に導入してきたものの、新型コロナウィルスの影響によりサプライチェーンは混乱。

各企業が新しい条例に対応するために用意してきた代替プラスチックなどの出荷が遅れていたことから、法案の本格的な施行が延期になっていました。

2022年7月、ホノルル市当局はこの法案を2022年9月6日から本格的に施行することを発表しました。

これにより、今後ハワイではプレートランチなどの容器に有機素材で作られたバイオプラスチック製品か、紙製品が使用されることになります。

なぜプラスチック容器制限の法案は導入されたのか

9月6日からハワイのプレートランチに変化が訪れる!?ブラスチック製容器の使用が禁止へ
(画像=『LaniLani』より引用)

ハワイで発泡スチロールの容器やプラスチック製の使い捨てカトラリーの使用を禁止する法案が決定された理由は、海洋汚染問題です。

ハワイでは島から出るプラスチックごみと、ハワイ島とカリフォルニア州を結ぶエリアに浮かぶ大量のプラスチックごみ、通称「太平洋ごみベルト」から流れてくるゴミが大きな問題になっています。

このプラスチックごみは海洋生物を傷つけて絶滅の危機に追いやるなど、海洋環境に深刻な影響を及ぼしています。

そこでハワイでは島から出るブラスチックゴミを減らす為の法案を決めました。

これにより石油系プラスチック製の使い捨て容器やビニール袋の使用は禁止に。

また、ハワイには産業用堆肥化施設が無く処理することができないため、植物ベースのプラスチックの使用も禁止されることになりました。