キッチンや洗面台に華を添えてくれるアクリルたわしは、幅広い世代から注目を集めています。そんなエコでかわいいアクリルたわしをハンドメイドで作ってみませんか?ここでは、アクリルたわしに必要な材料と編み方。そして参考にしたいデザインをご紹介したいと思います。

アクリルたわしとは

アクリルたわしを手作りで作りたい。編み方と参考にしたいデザインまとめ
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

アクリルたわしとはアクリル毛糸で作られたたわしのこと。洗剤を使わなくても水だけで汚れが落ちるためエコたわしとも呼ばれています。地球に優しいだけではなく肌にも優しいアクリルたわしは近年おしゃれなものが沢山あり主婦を中心に人気が継続中です。かつておばあちゃんがキッチンで使っていた毛糸のかたまりという印象はもう古いのです。

アクリルたわしが人気の理由

アクリルたわしを手作りで作りたい。編み方と参考にしたいデザインまとめ
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

アクリルたわしは安価な材料で簡単に作れること、エコなところ、インテリア映えする掃除アイテムという点が人気の理由。キッチンでは食器洗いはもちろんガスレンジ廻りの拭き掃除に使え、お風呂場では浴槽洗いに床の水垢落としにまで使えます。その他にも水を使わない場所での埃とりにも使える万能選手。汚れを落とす力は確かなもので、スポンジ洗いで落ちなかった茶渋が驚くほど落ちます。また、毛糸1玉で3〜4つのアクリルたわしが作れるためコスパが良いところも主婦に人気です。

アクリルたわしのお手入れ法

アクリルたわしを手作りで作りたい。編み方と参考にしたいデザインまとめ
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

アクリルたわしもスポンジと同じで、使い続けると汚れが付着し、雑菌が繁殖していく恐れがあります。ここで正しいお手入れ方法をしっかり確認しましょう。

  • サイズ:幅25×奥行45.9×高さ21.2cm(使用時)・幅25×奥行き14.4×高さ40.3cm(収納時)
  • 使用後は水洗いをして、しっかり水を切り、乾かす。
  • 除菌効果を高めるため、可能な限り天日干しする。
  • 干している間は別のアクリルたわしを使う。いくつか持っておくと場所ごとに使えて便利。
  • 洗剤で洗う場合は、塩素系漂白剤では色落ちしてしまう点と柔軟剤は繊維を柔らかくしてしまうため注意が必要。
  • 油汚れのある食器にはキッチンペーパーなどで汚れを取り除いてからアクリルたわしで洗うようにする。

アクリルたわしは乾きやすいのも魅力の1つですが、しっかりと乾かすことが大事です。取り替え時期は自己判断ですが、編み地に穴が空いてしまったり、汚れが落ちづらくなってきたら交換の目安となります。また、アクリル毛糸に抗菌・防臭素材が含まれているものが毛糸メーカーや100均などで販売されています。通常の毛糸よりも除菌効果が期待できておすすめです。