出生時に赤ちゃんの頭が大きくて気になっていた、健診で頭が大きいことを指摘されたことがあるというママがいるかもしれません。健診などで医師から、赤ちゃんの頭が大きいと言われるとママとしては心配してしまいますよね。赤ちゃんの頭が大きいのは何が原因なのか、病気の可能性や実際の体験談をご紹介します。

平均的な赤ちゃんの頭の大きさとは

【医療監修】赤ちゃんの頭が大きいと病気の可能性がある?先輩ママの体験談もご紹介
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

頭の大きさは頭囲の値を目安にして表されます。測り方は、前方は左右の眉の直上、後方は後頭部の一番突出しているところを通るようにメジャーで測ります。以下は赤ちゃんの頭囲の中央値です。

  • 生後0ヶ月:男児 33.5cm前後、女児 33.0㎝前後
  • 生後1ヶ月:男児 36.7㎝前後、女児 35.9㎝前後
  • 生後6ヶ月:男児 43.5㎝前後、女児 42.1㎝前後
  • 生後12ヶ月:男児 46.0㎝前後、女児 45.1㎝前後

上記はあくまでも赤ちゃんの頭囲の中央値です。これより多少大きかったり小さかったりしても、母子手帳に記載されている成長曲線に沿って徐々に大きくなっているようであれば問題ないとされています。

出典元
日本小児保健協会「平成22年乳幼児身体発育調査結果について」(2018年3月2日最終閲覧)
日本小児神経学会「こどもの頭が大きいとよくないのでしょうか?」(2018年3月2日最終閲覧)
大阪小児科医会「子育て通信 あたまが大きい」(2018年3月2日最終閲覧)

赤ちゃんの頭が大きい原因

【医療監修】赤ちゃんの頭が大きいと病気の可能性がある?先輩ママの体験談もご紹介
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

赤ちゃんの頭が大きい原因はいくつかあります。両親のどちらかの頭が大きいと赤ちゃんも頭が大きくなりやすいですし、生後1~2年の間は一時的に脳の液が脳の表面に溜まりやすくなるため、頭囲が大きくなることもあります。

頭が大きいからといって必ずしも病気ということではありませんが、中には病気が隠れていることがあります。

水頭症など病気の可能性も

頭囲が平均サイズよりも大きくなる原因の一つに水頭症があります。頭蓋内にある液体が過剰になる病気で、成長するにつれて閉じかけてきた頭部のくぼみである大泉門(だいせんもん)が再び開いてしまったり、目の動きがおかしかったりする場合はCTスキャンやMRIといった精密検査が必要となります。

また、まれに脳腫瘍や頭の中に血液が溜まる病気の可能性があるため、早期発見するためにも気になる症状が出ている場合は、早めに受診したほうがよいでしょう。

出典元
日本小児神経学会「こどもの頭が大きいとよくないのでしょうか?」(2018年3月2日最終閲覧)
大阪小児科医会「子育て通信 あたまが大きい」(2018年3月2日最終閲覧)
日本小児遺伝学会「頭蓋」(2018年3月6日最終閲覧)