普段何気なく使っている硬貨が、もしかすると何倍もの価値がつくプレミア硬貨ということもあります。価値がある硬貨でも、素人目には他の硬貨と変わらないため、もしかすると今あなたの財布の中で眠っている可能性も!中でも、近年1円玉の価値が上がってきているそうで、平成の1円玉が5,000円相当になるケースも出てきました。

今回は、1円玉の価値が上がっている理由や平成の1円玉で高い価値がつくケース、そして1円玉の価値が高くなる条件をお伝えします。

プレミア硬貨とはどんなもの?

プレミア硬貨とは、実際の金額以上の価値がつく硬貨のことです。発行枚数が少ない年度の硬貨や刻印の違いがある硬貨、不良品なのに流通してしまったエラー硬貨、発行枚数が限定された記念硬貨が挙げられます。今も流通している硬貨もあり、財布の中に入っている可能性もあるでしょう。

製造枚数の少ない年は高値が付く

高値が付くのは古いものではなく、平成23年~25年、平成28年~31年、そして令和元年の1円玉です。 下記は造幣局の資料から抜粋した年別の1円玉の製造枚数。平成23年ごろから、一気に減少したことが見て取れるでしょう。 キャッシュレスの普及に伴い1円玉の使用頻度が減ったことにより製造枚数も激減したのです。

年別 1円玉の製造枚数
平成元年 2,366,970
平成10年 452,612
平成15年 117,406
平成20年 134,811
平成22年 7,905
平成23年 456
平成24年 659
平成25年 554
出典:独立行政法人造幣局