龍神雲のスピリチュアルな意味は?龍神雲は縁起がいい?龍神雲の顔の形、龍神雲の見分け方は?龍神雲と虹、龍神雲と彩雲が一緒に現れるときの意味についても解説します。

空を見上げた時に、色んな形をした雲を見かけることがありますよね?動物のように見える雲やハートのように見える雲などがありますが、中には龍のような形をしている「龍神雲」を見かけることもあるのです。

スピリチュアルの世界が好きな人は龍神雲を見かけると、その意味が気になってしまう場合もあるでしょう。

そこで今回は、空を見上げた時に現れる龍神雲について触れていきます。

龍神様とは?

地球上にある自然界のエネルギーを操ることができ、自然の神様といわれる存在が龍神様になります。古代中国にあった五行思考が根底にあり、蛇神を信仰していた日本にも伝わってきた神様だといわれているのです。

龍神様自身に姿形はなく、自然霊のエネルギー体だともいわれていいますね。そして地球が良いエネルギーで満たされることを願っており、悪いエネルギーが充満すると、自然の力を利用して浄化をすることもあるでしょう。

また、心が綺麗で前向きな性格の人を好み、向上心を抱いている人達を応援するという性格の神様だといわれているのです。

龍神様は自由に天と地を動き回ることができるともいわれており、神の使いという役割も持っている存在という一説もあります。

龍神雲のスピリチュアルな意味7個とメッセージ

『Spicomi』より引用pg
(画像=『Spicomi』より引用)
  • 龍神様が姿を変えて現れている
  • 幸運の訪れを告げている
  • 運気上昇のサイン
  • 見守っているというお告げ
  • 自分らしく生きている
  • 新しいことを始める時期
  • 人生に転機が訪れる

自身の姿形がないといわれている龍神様は、見守っている人に分かりやすい形で姿を現すことがあり、雲を使って姿を現したのが龍神雲です。龍神様が近くにいて見守っていることを、本人に知らせているという意味が含まれています。

また龍神様には運気上昇というご利益があり、その化身と捉えられていますから、同じご利益があるといわれているでしょう。

そして龍神様が見守っている人が人生の決断で迷いを感じている場合には、選択した決断が正しいことを知らせる場合にも、龍神雲として姿を見せて背中を押してくれるのです。

見守っている人に人生の転機が訪れる前にも、それを告げるために姿を現す場合もあるといわれていますね。

龍神雲を見たら縁起がいい?

日本では古くから、縁起が良いことで知られています。五穀豊穣のご利益がある龍神様は、農作物にとっては恵み雨を降らせてくれる存在ですので、日本では感謝と祈願をする存在の神様なのです。

そして神様の化身として現れているのですから、当然ながら縁起が良いと思われていたのでしょう。昔からの流れや言い伝えなども加わり、日本では昔から縁起物の1つとして認識されていますよね。

また現代では、龍神様の開運効果などが広く知られるようになり、運気上昇や幸運の訪れを暗示するものとして、龍神雲が縁起が良いといわれるようになっているのです。