ハワイで家族旅行を計画している方は必見! 2022年、ハワイ州では子どもが車に乗る場合のチャイルドシートを着用する義務年齢が引き上げられました。 日本とは基準が違います。 出発前にはぜひ確認してくださいね。

ハワイ州はチャイルドシート着用年齢引き上げ

2022年6月、ハワイ州運輸局は、チャイルドシート着用の義務年齢を引き上げる新しいハワイ州法を発表しました。 これまで着用義務が7歳までだったものが10歳へと引き上げられます。

同局は交通事故の被害から子ども達を守るためであり、保護者に対しての使用義務の周知、そして交通安全の啓発をすすめています。

この新しい州法の違反者に対して、罰則も強化されます。 チャイルドシート着用の義務を違反した場合、100ドル以下またはそれ以上の罰則金が科されるだけでなく、チャイルドシート着用の安全講習の受講も義務付けられます。

子ども達の安全を守るため、あらためてこの義務を確認し、守っていきましょう。

年齢別チャイルドシート使用義務

子連れハワイの方必見!ハワイ州チャイルドシート着用年齢引き上げへ
(画像=『LaniLani』より引用)

チャイルドシートにも年齢別に使用できる種類が違うのでご紹介します。

ベビーシート、インファントシート

1歳未満、もしくは体重20ポンド(約9キログラム)以下の乳児向けのシートです。 後部座席に後ろ向きに着用しましょう。

チャイルドシート

1歳~4歳未満、体重40ポンド(約18キログラム)以下の幼児向けシート。 後部座席に着用し、2歳からは前向きの着用も可能です。

ブースターシート

4歳から10歳までの小児向けシート。 後部座席に着用します。