何事もベースづくりはとっても大事!だからただアイロンで毛先を巻くだけでは、垢抜け巻き髪はつくれないんです。今回は垢抜け巻き髪をつくるための下準備のコツと、今っぽ感のでる簡単な巻き方2つをご紹介。ちょっと手間はかかりますが、確実に垢抜けを叶えられますよ♡早速道具を準備して、手順を見てみましょう♪

巻き方で垢抜けるにはコツがいる♡失敗しない巻き方&今っぽ巻き髪をチェック

やるのとやらないのでは全然違う!失敗しない巻き方のコツ&今っぽ巻き髪2選
(画像=『michill』より引用)

ふわっとした巻き髪は女性らしさを高めて、何もしていない状態から一気に垢抜けて見えますよね♪でも、ただアイロンで髪の毛を巻くだけではNG!

今回は失敗を回避して、いつもの巻き髪がグッと垢抜けるスタイリング方法をご紹介します。まずは下準備から。早速見てみましょう。

巻き髪はベースで9割決まる!垢抜け巻き髪のベースをつくる乾かし方

やるのとやらないのでは全然違う!失敗しない巻き方のコツ&今っぽ巻き髪2選
(画像=『michill』より引用)

毛先をふんわり巻いていても、根元が整っていないとキレイな巻き髪にはなりません!ぜひ乾かすところから見直しを!

① まずはタオルドライをしっかりと!髪の毛をゴシゴシせずに、根元に指をしっかり入れ込むようにするのがポイント!
② 乾きにくい箇所(根元やえり足)から先に乾かすことで毛先がまとまる♡
③ 前髪は斜め上からおでこに撫でつけるように乾かすと◎
④ 仕上げに冷風を上から当てて、髪を下に引っ張りながら乾かすとツヤ髪に。
⑤ 毛先にオイルをつけると、アイロンのダメージが軽減できちゃいます。