「親子リンクコーデって何?」「親子ペアルックコーデとは違うの?」と思っているパパママに、親子リンクコーデについて解説します。おすすめの人気ブランドも紹介するので、子供と一緒にファッションを楽しみたい方必見です!

親子リンクコーデって? 親子ペアルックとの違いは?

親子リンクコーデにおすすめの人気ブランドは? 親子リンクコーデのコツも伝授
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

子供と大人の服装を完全におそろいにするのがペアルック。一方、リンクコーデとは「帽子」「シューズ」「トップス」などの一部のアイテムを合わせたり、「ブランド」「色合い」「柄」「素材のテイスト」を統一したりして、さりげないつながり感(リンク感)を出すコーディネートのこと。

最近、オシャレ上級者を中心に、親子でコーディネートをリンクさせるのが流行っているんです! 子供の場合、すぐに洋服がサイズダウンしてしまうので、パパママとすべてのアイテムをそろえるペアルックは経済的にもちょっと大変ですよね。

ですがリンクコーデなら一部のアイテムをそろえるだけでOKなので、気軽におしゃれが楽しめちゃいますよ。親子同士のリンクコーデはもちろん、兄弟・姉妹や家族全員で服装をリンクさせる方法も。この機会にリンクコーデにチャレンジしてみませんか?

初めての親子リンクコーデを楽しむコツは?

親子リンクコーデにおすすめの人気ブランドは? 親子リンクコーデのコツも伝授
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

「どう服装を組み合わせたら良いのかわからない…」という方も多いハズ。そこで初心者さんでもはじめやすいリンクコーデのコツをご紹介します。ポイントは小物や色、柄、素材などを合わせること。それぞれ詳しく説明していきますね。

親子リンクコーデのコツ:小物を同じにする

いきなり洋服をリンクさせるのは難しいという方におすすめなのが、小物をそろえる方法です。たとえばスポーティな格好に、同じブランドのスニーカーを合わせるだけでもさりげないリンク感を演出できます。他にも春・夏であれば「キャップ帽」「麦わら帽子」「バンダナ」「サングラス」、梅雨の時期は「傘」「長靴」、秋・冬には「マフラー」「ニット帽」「ブーツ」などをそろえるのがおすすめ! 

女の子の子供がいるママであれば、「ヘアクリップ」や「ヘアリボン」を一緒にするのも可愛いですね。また「リュック」「トートバッグ」などの柄や色を同じにすれば、通年を通してさりげないリンクコーデを楽しめますよ。

親子リンクコーデのコツ:カラーを合わせる

手持ちの服で実践できるのが、色味を合わせたリンクコーデ。身に付ける服やアイテムが異なっていても、色味をそろえることでリンクコーデが簡単にできちゃいます。

ポイントは「アースカラー」「マリンカラー」「暖色系」「モノトーン」という風に、最初にテーマにする色味を決めること。使う色を3種類に抑えればより統一感が出ますよ。モノトーンのコーディネートに「赤」「青」などのさし色でアクセントを付けるのもおすすめです。

親子リンクコーデのコツ:ボーダーやチェック柄

親子リンクコーデにおすすめの人気ブランドは? 親子リンクコーデのコツも伝授
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

ボーダーやチェック柄は、リンクコーデの定番アイテム。どこのブランドでも取り扱っている上に、様々な服に合わせやすいのでリンクコーデにぴったりなんです。初心者さんにおすすめなのが、インナーにボーダーやボトムスにチェック柄を取り入れる方法。さりげないリンクコーデが楽しめます。

またパパママはトップスに、子供は靴下にボーダーやチェック柄を取り入れる方法も遊び心があっておすすめ。ボーダーやチェック柄に慣れたら、「ドット柄」「花柄」「迷彩柄」「ヒョウ柄」などにチャレンジするのも◎。柄自体の主張が強い場合は、柄の面積を小さくしたり、配色を落ち着いた色合いにしたりと、全体のバランスを考えたコーディネートを意識してみてくださいね。

親子リンクコーデのコツ:同じ素材を合わせる

トップスやボトムス、アクセサリーなどのアイテムに同じ素材を合わせる方法もあります。さりげなく素材を合わせることで適度なペア感が楽しめるので、パパママでリンクしたい時にもぴったりです。おすすめは、「デニム」「リネン」「ニット」などのアイテムにシンプルな配色を選ぶこと。素材の雰囲気を際立せながら落ち着いたリンクコーデが楽しめます。