SNSへの投稿や地図の閲覧など、ハワイ旅行で欠かすことのできないのが安定したネット環境です。

今回はハワイのフリーWi-Fiを利用する際に気を付けなければならないポイントや、安全に利用できるサービス、さらにそのサービスの裏技などをご紹介します。

ハワイのフリーWi-Fiと利用上の注意点

【ハワイ通ライターが教える!】ハワイのフリーWi-FiをVPNサービスで安全に利用する
(画像=『LaniLani』より引用)

観光を島の主要産業とするハワイでは、大勢の観光客を受け入れるため、空港やショッピングセンター、カフェやレストラン、ホテルなど、あらゆる場所でフリーWi-Fiが利用できます。

ただし、これらのフリーWi-Fiのすべてが安全に利用できるかというと少し「?」マークがつく状況です。

Wi-Fiには暗号化されているものと、暗号化されていないものがあります。

暗号化されていれば通信の安全制は高いのですが、暗号化されていない場合「悪意を持った第三者によって通信が盗み見られる」危険性があります。

フリーWi-Fiは大勢の人が利用できるようにするため暗号化されていないことが多く、そのため危険といわれています。

また、お店やホテルなどの公式なフリーWi-Fiと良く似たネットワーク名のアクセスポイントが複数出てくることがありますが、これは個人情報を盗み取ろうとする犯罪者のアカウントだという危険性もあるのです。

フリーWi-Fiを安全に利用できるVPNサービスとは

【ハワイ通ライターが教える!】ハワイのフリーWi-FiをVPNサービスで安全に利用する
(画像=『LaniLani』より引用)

最も簡単な方法はフリーWi-Fiを利用しないという選択肢ですが、旅行中はさまざまなサイトで観光の下調べをしたりSNSなどへ写真をアップしたいこともあるでしょう。

そんな時に安全にフリーWi-Fiを利用できるサービスがVPN (バーチャルプライベートネットワーク)サービスです。

これは月額数百円、または数ドルで利用できるサービスで、フリーWi-Fi通信が広場での情報のやりとりだとすると、VPNを使った通信は「自分だけの通信トンネルを作り、他の人は入れないそのトンネルの中でデータをやりとり」するようなもの。

VPNを利用してやり取りされるデータは、仮想専用回線を通じてすべてパケット化(分割)・暗号化されるため、情報を盗み取ろうとするハッカーなどからは情報全体を特定することができないのです。