あおぞら銀行のマネーサービス「BANK」をご存じですか。

正式な名称は「あおぞら銀行・BANK」、旧インターネット支店のリニューアル版として2019年7月16日に始まりました。このBANKの金利が国内最高水準だとの評判が広まり、口コミサイトを賑わせています。

好金利は魅力的ですが、金利以外の情報も確認しておきたいところではないでしょうか。そこで、今回はあおぞら銀行・BANKのメリット・デメリットについて、徹底解説しましょう。

>>コロナ禍で変化はあった?「お金」「資産運用」に関する読者アンケート実施中(所要時間1~2分程度)

あおぞら銀行の支店とBANKは何が違う? 

(写真=PIXTA)

あおぞら銀行は、関東を中心に全国20ヵ所の有人店舗を構える普通銀行です。有人店舗の窓口では、預金口座の開設や投資商品や保険商品の購入、相続関連の相談など、一般的な銀行の各種業務を行っています。

一方、BANKは実店舗を持たない「ネット支店」です。口座の開設から資金管理、投資商品の購入などを、全てスマホやパソコンの操作で済ませることができます。また、専用のスマホアプリもあり、より手軽に資金管理を行うことができます。

実は、あおぞら銀行には既存の「インターネット・バンキングサービス」があり、有人店舗で開設した口座でもインターネット上での取引が行えます。では、インターネット専用支店であるBANKを、わざわざ利用するメリットは、どこにあるのでしょうか。

BANKには、金利の高さに代表される6つのメリットがあります。

メリット1: あおぞら銀行BANKのメリットは0.20%の普通預金金利

(写真=PIXTA)

「普通銀行よりもネット銀行のほうが、金利がいい」のは、もはや常識です。しかし、高金利のメリットを享受するには「提携カードや提携サービスの利用」「一定残高以上を維持」など、さまざまな取引条件があります。

ところが、BANKの普通預金口座には、金利適用のための条件が一切ありません。すべての口座開設者に、提示されている金利が適用されます。

その金利は、なんと業界最高水準の0.20%です!(2020年4月6日現在)
※税引前・以下同

日本国内の銀行では低金利が続き、大手銀行の普通預金口座金利は軒並み0.001%、ネット銀行でも高くて0.02%程度だと聞けば、この0.20%がいかに突出した数字かおわかりになると思います。

しかも、この数字は、あおぞら銀行BANKの「定期預金1年型」と同等の金利(2020年4月1日適用金利)です。定期預金口座を開設するためには、50万円以上の預け入れが必要です。1円から開設できる普通預金口座に定期預金口座並みの金利がつく銀行は、BANKの他にはなかなか見あたりません。

あおぞら銀行の詳細をみる(公式サイト)

メリット2: ゆうちょ銀行ATMを使えば入出金手数料が無料

(写真=PIXTA)

有人窓口を持たないネット支店から預金を引き出すためには、ATMの利用が必要不可欠です。そうなると、気になるのは手数料の高さではないでしょうか。入出金手数料が無料になるサービスを行っている銀行もありますが、残高基準などの取引条件や回数制限がある場合がほとんどです。

BANKでは「ゆうちょ銀行のATMを利用する」だけで「残高基準無し・回数無制限」で入出金手数料を無料にすることができます。

メリット3: あおぞら銀行BANKはスマホで全てが完結する

(写真=PIXTA)

BANKには、「口座開設アプリ」が用意されています。アプリの指示に従って運転免許証を撮影すると、必要事項が申し込み画面に反映されるため最低限の入力で済みます。印鑑等も不要で、とても簡単に口座を開設することができます。

口座を開設したら、「あおぞら銀行・BANKアプリ」で次のような管理が行えます。

  • 残高照会(普通預金・定期預金・投資信託・貯蓄預金)
  • Visaデビット(利用明細・キャッシュバック金額照会・利用限度額リアルタイム変更) 直観的で扱いやすいスマホアプリは、見たい数字がすぐに確認できるので助かります。デビット利用額もリアルタイムで記録されているため、家計簿代わりにもなりますね。

    振込・振替や投資商品の購入などもインターネットバンキングサービスで行えるため、すべての取引が手元のスマホだけで完結します。

    もちろん、指紋認証や顔認証など各端末に搭載されたセキュリティ機能との連動も可能で、安全に利用することができます。

あおぞら銀行の詳細をみる(公式サイト)

メリット4: あおぞら銀行BANK VISAデビット還元率は最大1%に

(写真=PIXTA)

BANKのキャッシュカードには、年会費無料で「VISAデビット」サービスを追加することができます。使えば使うほどお得な「キャッシュバックサービス」もついています。

一般的にデビットカードの還元率はクレジットカードよりも低い傾向にあり、高い還元率をうたっていても「継続的な利用額によるステージ制」や「利用先限定ポイント」といった条件付きの場合がほとんどです。

BANKVISAデビットの還元率は、半年ごとの利用額に応じて0.25~1.00%まで4段階です。年会費無料のデビットカードとしてはトップクラスの高さです。

ステージ制ではなくその時々の利用額で計算してくれるうえに、何かに交換する「ポイント」ではなく「現金」で戻ってくるところも嬉しいですね。

メリット5: あおぞら銀行BANKは条件次第では振込手数料も無料に

(写真=PIXTA)

BANK宛ての振込手数料は無料です。他行宛ての振込は、残念ながら手数料がかかります。

他行→BANK 無料 / BANK→他行 157円(電信・消費税込み)

条件次第では無料で利用することができます。

【1】    当月BANKの残高が500万円以上
【2】    当月のBANKVISAデビット利用が1回以上(金額不問)

1に合致すると「月2回」、2に合致すると「月1回」、1も2も満たすことで「月3回」、他行宛て振込手数料が無料になります。

「500万円以上の残高」を維持することは難しいですが、「デビット利用1回」は金額条件もないため、容易にクリアできるのではないでしょうか。

注意する点は、適用が「翌々月」だということです。例えば、4月に条件を満たした場合、振込手数料が無料になるのは6月です。

あおぞら銀行の詳細をみる(公式サイト)

メリット6:自動積立貯金機能(BANK The Savings)がある

(写真=PIXTA)

「BANKアプリ」には、自動積立貯金箱「BANK The Savings」がついています。自動的に貯蓄口座へ積立をするサービスはよくありますが、このBANK The Savingsでは目標別の積立ができるのです。

目標は最大20個まで設定でき、「現在の積立額」や「達成率」などが一目でわかります。なかなか貯金ができない人でも、楽しく積み立てることができそうですね。

利用方法は簡単です。アプリの指示に従って「積立の目的」や「目標金額」を決め、目標額と「どのように貯めるか」を選びます。「デビット積立」は、「デビット決済利用額×あらかじめ利用した比率」が積み立てられていくユニークな機能です。毎月決まった金額の「定額積立」や、余裕があるときに「手動積立」も選べます。

あおぞら銀行BANKのデメリット

(写真=PIXTA)

メリットを紹介してきましたが、注意すべき点もあります。

普通預金金利0.20%は変動利率である

金利0.20%は固定金利ではなく「変動金利」です。今後変動し、下がってしまう可能性があります。また、好金利は「キャンペーン価格」のようなもので、宣伝効果が得られた一定期間後には低く調整する可能性も考えられます。

将来的に約束された利率ではないということだけは、覚えておきましょう。

他行宛ての振込手数料を無料にするハードルが高い

他行宛て振込手数料を無料にする条件の一つ「デビット決済利用」のクリアは、簡単です。しかし、それで無料になる回数は、たったの1回です。

例えば、住信SBIネット銀行では「残高条件無し」で月1回、「残高30万円」で月3回も他行宛振込手数料が無料になります。もう一つの条件「残高500万円以上で月2回」は相当厳しく感じます。

スマホありきのサービスが多い

スマホひとつでさまざまな機能が手軽に使える反面、スマホが無いと利便性は半減してしまいます。例えば、自動積立「The Savings」はBANKアプリ限定機能で、スマホを持っていないと利用できません。

残高照会や利用明細確認も「スマホありき」のサービスです。ネット銀行には通帳が無く、「残高証明書」や「デビット利用明細書」を別途書面発行するためには手数料がかかります。残高を紙で管理しておきたい人には向いていないでしょう。

スマホでなんでも完結したい人ならあおぞら銀行BANKを開設するべき

(写真=PIXTA)

あおぞら銀行・BANKの最大の魅力は、0.20%の金利でしょう。変動の可能性があるとはいえ、現時点で圧倒的な好金利であることに変わりはありません。さらに、VISAデビットの還元率も高く、買い物をしながら「貯蓄を楽しむこと」もできます。日頃からスマホを活用している人にとっては、メインバンクにする価値が十分にあるのではないでしょうか。
 

貯蓄におすすめのネット銀行比較表

銀行名 ソニー銀行 auじぶん銀行 GMO
あおぞらネット銀行
ジャパンネット銀行 イオン銀行 楽天銀行 住信SBI
ネット銀行
東京スター銀行 SBJ銀行 新生銀行
預金金利(%) 普通:0.001
定期:1年0.05
5年0.02
普通:0.001
定期:1年0.05
5年0.03
普通:0.001
定期:1年0.03
5年0.02
普通:0.01
定期:1年0.02
5年0.02
普通:0.05
定期:1年0.02
5年0.02
普通:0.02
定期:1年0.02
5年0.02
普通:0.001
定期:1年0.02
5年0.02
普通:0.1
定期:1年0.015
5年0.015
普通:0.02
定期:1年0.12
5年0.02
普通:0.001
定期:1年:0.01
5年0.01
ATM出金手数料 月4回まで無料
以降100円
月1~11回無料 月2~15回無料
以降110円
月1回無料
以降165円または330円
指定機関で無料
その他110円または220円
月最大7回まで無料
以降220円または275円
月2~15回無料
以降110円
月8回まで実質無料 月10回~無制限で無料 110円/回
振込手数料 同行あて:無料
他行あて:月1-11回無料
以降は200円
同行あておよび
三菱UFJ銀行あて:無料
他行あて:月1-15回無料
同行あて:55円
他行あて:月1-15回無料
以降110円
同行あて:55円
他行あて:176~275円
同行あて:無料
他行あて:月1-5回無料
以降220円
同行あて:無料
他行あて:月3回まで無料
以降は168~262円
同行および
三井住友信託銀行あて:無料
他行あて:月1-15回無料
以降は157円
同行あて:同一店は無料
それ以外110円~330円
他行あて:220~440円
同行あて:無料
他行あて:月7回まで無料
以降は220円
同行あて:無料
他行あて:月1-10回無料
以降は105~314円
特徴 海外旅行好きの方におす
すめ!Visaデビットの海
外事務手数料が0円
スマホアプリの機能が充
実しており、非常に使い
やすい!
外貨預金に興味がある方
におすすめ!8つの外貨に
対応&小額から取引可能
Yahoo!との連携がよく、
ヤフオクなどの利用者に
おすすめ!Tポイントの
現金交換にも対応!
WAONポイントが貯まる
キャンペーンが多く、イ
オンユーザーにおすすめ!
楽天グループの他サービス
と連携することで、楽天ス
ーパーポイントが貯まる
他行へのATM振込手数料が
毎月最大15回まで無料
給与振込指定口座に登録で
金利が0.001%から0.1%に
大幅にアップ
定期預金の金利が高く、
2年定期のミリオくん2は金
利が0.25%
他行からの振込入金で、
Tポイント,dポイント,nanaco
ポイントが貯まる
公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト
文・高田麗

>>コロナ禍で変化はあった?「お金」「資産運用」に関する読者アンケート実施中(所要時間1~2分程度)

【こちらの記事もおすすめ】
銀行で賢く貯金する方法は?おすすめ銀行と実践したい貯金習慣
【初心者向け】ネット銀行で口座開設する前に知っておきたいこと
FPが選ぶ、預金をするのにおすすめの銀行6選
低金利時代でも金利は重要!金利が高めの銀行ベスト10
気になる日本のネット銀行ランキング 危ない銀行って本当にあるの?