浮気性の人に現れる手相とは?モテる?浮気性の手相が男性や女性の手のひらに現れるとどうなる?逆に一途な人に現れる手相は?手相と恋愛の関係について解説します。

軽い気持ちで浮気に走る人もいれば、申し訳ないと思いつつも、気持ちを抑えきれずに浮気になることもあります。浮気はその人の性格によるところが多かったり、魅力が多いとなりやすい面があります。

そこで浮気性かどうかは掌を見ればわかります。予め手相で察知できれば、いろいろと対処の方法もあります。

それでは、この浮気性の手相について詳しく解説していきます。

浮気性な人の手相5個

1. 浮気線

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

浮気線は情愛線とも呼ばれ、生命線の内側1~4mm辺りで生命線に沿って伸びる1~2cm程度の短い線です。

これがある場合、恋愛や異性への関心が非常に高くなるとされます。恋愛に積極性があり、恋人がいたり既婚者に現れていると、浮気や不倫につながります。頻繁に現れたり消えたりするので、ちょっとした出来心による浮気や不倫のサインにもなります。一方で常に現れている場合は、異性に関心が格段に強く浮気性と見なされます。

2. 複数の結婚線

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

結婚線は小指の付け根のラインと感情線の間に現れる横線で、1~2cm程度のものが多くなります。

これが複数見られる場合、浮気する可能性が高くなるとされます。恋愛や結婚のチャンスが多く、異性を惹きつける魅力的な面があり非常にモテます。

出会いに恵まれ、コミュニケーション能力が高く、どんな異性ともすぐに親しくなれます。これらの点から、本人にその気がなくても周囲の異性が放っておかず、浮気や不倫になりやすいと言えます。

3. 中指に向かって伸びる感情線

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

感情線の終点が中指方向に曲がって伸びるものを指します。これが見られる場合、浮気や不倫をしやすく、恋愛トラブルが多くなりがちです。世間体をあまり気にせず、自由奔放に生きることを好みます。

恋愛や結婚についても自由を求めるので、浮気などに抵抗感が少なくなります。思い込みが強く一人の相手にのめり込みやすいと言えます。しかし熱しやすく冷めやすいので、飽きると相手を頻繁に変えたりします。本能的で浮気性な面が強くなります。

4. 金星帯

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

金星環やヴィーナスラインとも呼ばれ、人差し指と中指の間から薬指と小指の間にかけてカーブを描いて伸びる線を指します。

これがあると色気や魅力にあふれ、情熱的な恋愛をするとされます。性欲が強く、より刺激的な性欲を満たすために、新しい相手を求める傾向にあります。

感受性に優れ人の愛情に敏感に反応できます。美意識が高く、恋愛より芸術関係に情熱を注ぐこともあります。異性を惹きつけモテるので、本人にその気がなくても、浮気や不倫などの恋愛トラブルに巻き込まれがちです。

5. 上か下に横線がある結婚線

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

ゲス線や不倫線とも呼ばれ、結婚線の上か下、もしくは両方に平行した短い横線が見られるものを指します。細く見落としやすい線です。

これがある場合、現在進行形で浮気や不倫をしているとされます。パートナー以外の相手と関係を結んでいる可能性が非常に高くなります。自分やパートナーにこれがあった場合、言動に注意する必要があります。上や下に数多く見られる場合、節操のない浮気性となるので、それなりの覚悟を持って付き合った方が良さそうです。