神様に歓迎される人の特徴は?神様に歓迎されるときは神様を感じる?神社で風が吹くときは歓迎されているサイン?神社にカラスや蝶が現れる時や、歓迎されていないときの対処法について解説します。

人に好き嫌いがあるように、神様にも好き嫌いがあると思いますか?神社には神様が祀られていることが多いのですが、神社を訪れた際に歓迎されていないかも…と感じた経験がある人もいるでしょう。

そこで今回は、神様に歓迎される人の特徴や歓迎されている時に起きる現象などについて触れていきます。今まで歓迎されていないと思っていた出来事が、実は反対の意味を持っているかもしれませんね。

神様に歓迎される人の特徴20個

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)
(1)純粋な心の持ち主
(2)明るい気持ちで過ごす人
(3)目標を持っている
(4)近くに住んでいる
(5)神様の存在を信じている
(6)頻繁に訪れる
(7)感謝の気持ちを伝えれる
(8)他人への思いやりを持っている
(9)人に尽くせる
(10)悪口を言わない
(11)人を不快にさせない
(12)優しい気持ちの人
(13)エネルギーが高い
(14)自分をしっかりと主張できる
(15)根に持たない
(16)努力を惜しまない
(17)神様・仏様・ご先祖様を大切にしている
(18)健康に配慮している
(19)表裏がない
(20)正直に生きている

近所に住んでいても、それまで疎遠だった人が神様とのご縁を結びに訪れた場合には、神様は歓迎をしてくれるといわれています。

神様は前向きに頑張っている人や明るく過ごしている人のことを応援したいと思うため、神社を訪れた際には喜んでくれるのです。人でも同じでしょうが、自分のことを肯定したり認めてくれる人は歓迎したくなりますよね?

その点は神様でも一緒ですから、神様の存在を信じている人や仏様や自分のご先祖様といった霊的な存在を信じて大切にしている人には、歓迎という好意の示し方をしてくれるでしょう。

そして前向きな人を応援してくれる神様は、人に対して尽くす行為や傷つけずに接する人にも好意的な反応をしてくれるといわれています。

また人のことを大切にするのと同じように、自分のことも大切にしている人も応援してくれる傾向が強く、神社に感謝の気持ちを抱いて訪れる人にも歓迎をしてくれるのです。

神様に歓迎されるときは神様を感じる?

神社などの神様が祀られている場所では、人によっては神様の存在を感じることがあります。神様の存在を心の底から信じており、いつも神様に感謝の気持ちを伝えているような人であれば、自然と神様との波長が合うことがあるのです。

波長が合うと、実際に目視で確認することができなくても、気配を感じたり第六感で存在を感じる場合があるでしょう。

またスピリチュアルな能力が高い人などは、オーブといった形で神様のエネルギーを感じることができるかもしれませんね。

そしてそういった能力がない人でも、神社を訪れた際に心地良い感覚を覚えたら、神様の存在を潜在意識が感じているともいえます。

神社で風が強く吹くときは?

無風の状態だったのに突然強く風が吹いたときには、神様から歓迎されているといえます。神様が近くにいるときや、気持ちが通じたときなどに風という形で歓迎の気持ちを表現してくれるのです。

また風が吹いてくる向きによっても意味が違うといわれており、前から吹いてきた場合には、自分の願いが叶ったことを教えてくれているでしょう。

そして後ろから追い風のように吹いて来たときには、神様に願いが聞き入れられて歓迎されていると捉えることができます。自分の位置から横向きに吹いて来た場合には、良いことが訪れる前触れのサインだともいわれているのです。

風が吹いてくる向きによって意味が変わるとはいわれていますが、神社を訪れたときに風が吹くのは、全般的に歓迎されている証といえるでしょう。