嫌なことが次々と起こるのは変化の前兆?

運気に変化が起こる前には、好転反応として嫌なことが次々と起こる場合があります。運気の変わり目に一時的に運気が下がる場合もあれば、悪い運気から良い運気に変化をするときにも、前触れとして嫌なことが起きるといわれているのです。

また人の運気は一定ではありませんから、変わり目以外にも言動などで変化をすることもあるでしょう。

運気を下げる言動をした後で、自分自身を見つめ直して運気を上げた場合でも、変化が訪れることに繋がりますから、前触れとして嫌なことが起きてしまいます。

人間関係で嫌なことが続く意味は?

嫌なことが続くのが人間関係だった場合には、今の自分には必要がない関係の相手や環境だという意味があります。トラブルの原因となっている相手に対して、潜在意識の中で苦手だと感じている場合や、我慢をしてストレスを感じているのでしょう。

自覚がないとしても潜在意識では認識をしているために、トラブルなどを起こして自覚を促しているのです。

またストレスなどの原因がない場合でも、自分にとって良い影響を与えない相手や、悪縁と呼ばれる相手との関わりを持っている場合にも、人間関係で嫌なことが起きるようになります。つまり、その相手との縁を切った方が良い・環境を変えた方が良いという意味が含まれているのです。

嫌なことが続く時の対処法3個

1. 何事も前向きに

嫌なことが続く時には誰でもネガティブになってしまいがちですが、ポジティブに捉えると良い運気を呼び込むことができます。

良い運気を呼び込めば自然と良いことが起きるようになりますから、嫌なことに終わりを迎えることができるのです。

何事もポジティブな捉え方をして前向きになれば、嫌なことでも気にしなくなる場合も多いでしょう。自分を成長させるための課題だと前向きに捉えるようにして、良い運気を掴み取ってください。

2. 環境を変える

自分の環境が合っていない場合にも嫌なことが起こるといわれていますから、思いきって環境を変えるのも方法です。環境が変わると人間関係などにも変化があり、悪い影響を受けていた人達と離れることになるでしょう。

悪い影響から遠ざかれば、自然と運気も上昇することになります。また、新しい環境の中で出会う人の中に良い運気の人がいれば、その人から良い影響を与えてもらうことも可能でしょう。

3. 良いエネルギーを貯める

自分の中に良いエネルギーを貯めることで、嫌なことに終わりを迎えることができます。悪いエネルギーが多いために嫌なことが続いているのですから、良いエネルギーで悪いエネルギーの動きを封じてしまえば大丈夫です!

良いエネルギーを貯めるためには、言動を見直したり朝日を浴びるといった行動をするだけですから、すぐにでも実践できるでしょう。また、部屋の掃除をして良いエネルギーが部屋に入ってくるようにする方法もありますよ。

まとめ

嫌なことが起こる時には、何かしらのメッセージが込められているといわれています。運気が下がっているという教えの場合もあれば、自分自身を見つめ直せという教えの場合もあるでしょう。

また運気が良い方向に向かう前にも、好転反応として嫌なことが続く場合もあるのです。嫌なことが続く時には気分が沈んでしまいがちですが、あまり気にせず過ごすことも大切になりますね。

提供・Spicomi



【こちらの記事も読まれています】
目の形の種類の名前25個で診断!性格・運勢[人相占い]
結婚を決断できない男の理由10個!覚悟できない男性
男性の好き避け行動あるある20個!職場・重症化したら?
手が綺麗な女性の特徴10個!性格・美人・モテる・芸能人
ダイエットの停滞期を抜ける前兆と方法7選!期間は長い?