幼稚園ってどうやって決めればいいのでしょう? 数ある園の中から子供に合った幼稚園を探すのは大変ですね。後悔しない幼稚園選びのためには事前の見学が重要です。こちらの記事では、幼稚園見学のおすすめシーズンから、見逃してはいけないポイントまでまとめて紹介します。

幼稚園見学は必ず参加しなきゃダメ?

幼稚園見学のポイント6選!後悔しない幼稚園の選び方とは?
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

多くの幼稚園では、見学に参加しなくても願書を提出することは可能です。しかし、私立の一部では、願書提出の条件の中に、見学を済ませていることが含まれている幼稚園や、見学や説明会でしか願書を配布しない幼稚園もあります。

後になって希望する幼稚園に申し込みができない状況にならないように、入りたい幼稚園の申し込み方法をあらかじめ確認しておきましょう。見学をしなくても申し込みができる幼稚園でも、できる限り見学に行くようにしましょう。入園してから子供が2年~3年の間、毎日通う幼稚園ですから、自分の目で見て安心して通わせたいですからね。

幼稚園を見学するのはホームページやパンフレットを見るよりも重要かもしれません。幼稚園に入園した後に後悔しないために、入園候補に選んだ幼稚園はすべて見学に行くことをおすすめします。いくつかの幼稚園で悩んだときは、見学したときのことを思い出して決める、なんてこともあるかもしれません。

幼稚園の方針や特長を先生から教えてもらい、園児たちの様子を見学することは、幼稚園選びには欠かせない材料となりますよ。見学前に幼稚園は何歳から入園できるのかについて知りたい人もいるでしょう。そちらは別記事にまとめていますので、下記記事をご覧ください。

幼稚園見学のベストシーズンは5月後半~7月中旬

幼稚園見学のポイント6選!後悔しない幼稚園の選び方とは?
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

多くの幼稚園は10月に願書提出、11月には入園する児童が決定、パパママに連絡がきます。幼稚園見学はそれまでに済ませておく必要があります。見学日程が定められていない幼稚園であれば、新入園児が幼稚園に慣れて先生にも余裕ができ始めた5月後半から、夏休みが始まる前の7月中旬が一番落ち着いて見学することができるでしょう。

8月になると幼稚園が夏休みに入ってしまうので、園児の様子が見学できません。また、幼稚園の願書提出前の9月は見学希望者が多くなるため、7月中旬までが幼稚園見学のベストシーズンといえるでしょう。

見学を随時受け付けている幼稚園でも、毎日見学者を受け入れているわけではありません。見学できる曜日と一度に見学できる定員が決まっている幼稚園も多いでしょう。幼稚園に見学希望の連絡をしても実際に見学に行けるのは数週間後ということもあります。

筆者も幼稚園見学の予約を取ろうとしたことがありましたが、見学希望者が多すぎて、願書提出期限の後に見学となりました。みなさんはそういうことがないように、余裕を持って見学予定を立て、幼稚園に連絡しましょう。

プレ幼稚園、園庭解放日を利用して幼稚園見学をしよう

幼稚園見学のポイント6選!後悔しない幼稚園の選び方とは?
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

プレ幼稚園とは、子育て支援の一環で多くの幼稚園で採用されているシステムです。いつも通りの幼稚園の活動に参加し、園の雰囲気が子供に合っているのかを知ることができるので、幼稚園見学の目的でプレ幼稚園に参加するのもおすすめです。

プレ幼稚園は、幼稚園に入園できない年齢の未就園児を対象に行われており、子供が幼稚園の普段の生活を体験することができます。プレ幼稚園は通常の見学以上に幼稚園のことを理解できるチャンスです。幼稚園によっては、プレ幼稚園の利用者が優先的に入園できることもあり、その場合は必ずプレ保育園に参加すべきでしょう。

プレ幼稚園以外にも、園庭開放日を設けている幼稚園もあります。園庭開放日は園児以外の子供も幼稚園の園庭で遊ぶことができ、普段の幼稚園の雰囲気を知るチャンスです。入園するかどうか迷っている幼稚園がプレ幼稚園や、園開放日を設けているなら、パパママのリフレッシュも兼ねて参加してみるのもいいですね。