悩んでいる時に、誰にも話せないまま一人で思い詰めてしまうことってありますよね。

 厚生労働省による調査(※)によれば、新型コロナウイルスの感染拡大にともない「そわそわ落ち着かなく感じた」と答えたのは、女性の30代が42.9%、40代41.0%と、すべての世代の男女の中で最も高い数字を示しています。(※2020年9月「新型コロナウイルス感染症に係るメンタルヘルスに関する調査」)

いろいろな理由からメンタルが不調になった時には、どうすればよいのでしょうか?

 うつ状態により入院も経験したフリーランスライター、カンザキルリ子さんに、その経緯や思いをつづってもらいました。

 前回で入院生活1ヶ月経った時のルリ子さん、腰を据えてのんびりしようと思いつつ、いつまでここにいたらいいんだろうという焦りもありましたが、さて変化はあったのでしょうか。(以下、カンザキルリ子さんの寄稿です。)

【前回記事を読む】⇒精神科に入院する私に、母は「近所の人に…ねぇ」。うつ病への偏見は自分の中にも