実際に就活中の前髪は、就活生の身だしなみの要と言っても過言ではないくらい、相手に与える印象を左右します。就活では、前髪のような細部に至るまで気を配り、できる限り好印象を与えたいもの。今回は就活中の髪型のうち、特に好印象を与える前髪についてまとめています。

就活中の前髪は?女子必見の好印象を与える髪型まとめ!

就活中のヘアスタイル、特に前髪とは些細なことのようで意外と気になりますよね。実は、就活中における前髪の役割は思いのほか重要です。

就活中の前髪は?女子必見の好印象を与える髪型まとめ!
(画像=『lovely』より引用)

就活中の前髪は、就活生の身だしなみの要と言っても過言ではないくらい、相手に与える印象を左右します。特に女性の場合は前髪の流し方・留め方の1つで印象がガラリと変わりますので、イメージを大切にする就活では、決して軽視できないものです。

本来なら、就活が始まる前に一度美容院へ行き、自分で簡単に流し方・留め方ができるヘアスタイルと前髪の形・量にしてもらうのがベストです。しかし、美容院に行きそびれてしまった・今のヘアスタイルと前髪のままで就活したいという女性もいるでしょう。

そんな方向けに就活中の前髪の作り方、主に流し方・留め方ついてまとめました。

経験ゼロからの就職・転職!

  • 学歴不問!
  • 経験ゼロでもOK!
  • ブラック企業は除外!

第二新卒エージェントneoは 20代の第二新卒・高卒・中卒・既卒・フリーターの方に 特化した就職・転職サポートです。

履歴書の添削から職務経歴書の作成まで、 キャリアカウンセラーが一緒にキャリアプランを立ててくれます。

就活中の前髪で気をつけること5つ

おしゃれのために様々なヘアスタイルや前髪にしている女性は多いかと思います。この注意点は、どんなヘアスタイル・前髪の場合にも共通しているポイントです。就活中の前髪の作り方では、どんなヘアスタイルや前髪であっても最低限この5つの流し方・留め方のポイントを守るようにしましょう。

① 短すぎる前髪は基本的にNG

額の下半分が見えるような長さ・眉上1㎝以上の長さのような短い前髪は、就活では基本的にNGです。特に短いぱっつん前髪、ミディアムやロングに合わせた眉上の短い前髪は、ファッション性が強く、また幼さが出るため、就活向きではありません。

例外として、ベリーショートと合わせた眉上の短い前髪なら、相性が良く、男性から見ても自然な印象になるのでセーフです。

就活までに前髪の長さが間に合わない!という女性は、ベリーショートにして後ろ髪を短い前髪に合わせましょう。

② 髪を横に流して、眉毛と額を出すように意識する

就活中の前髪の作り方では、「眉辺りの長さに整えて横に流す」か「長めの前髪を横に流してピンで留める」かのどちらかの流し方か留め方でセットしましょう。横に流して分け目を作ることで、眉毛と額が出すことができます。眉毛と額が出ると、清潔感が増す・表情が明るく見えるなどのメリットがあります。

ワンレングス等で前髪なしの髪型にしている女性は、そのままの流し方でOK。ボサボサの眉毛・抜きすぎ切りすぎの眉毛は見せないように、眉メイクは抜かりなく行いましょう。

③ どんな髪型でも「耳と輪郭は出す」ようにする

耳や輪郭は、髪に隠れないように全部出した方が清潔感がありサッパリとした印象に。「眉毛と額を出すように意識する」と同様に、表情も明るく見えるので、就活では好印象につながる作り方です。

輪郭が気になって「横の髪を耳にかけてピンで留める」・「後ろ髪と一緒にまとめてしまう」のは嫌だと思う人もいるかもしれません。しかし美しさが最重要な業種ならともかく、一般企業の就活では輪郭などは評価対象にはなりません。むしろおしゃれの場と仕事の場とのけじめがつけられていない、学生気分が抜けていない人物と思われる可能性があります。

おしゃれ重視な一筋の横の髪もNG。横の髪は必ず耳の後ろへ。ショートヘアであっても、横の髪に長さがある場合は耳の後ろでピンで留めて、耳が髪で隠れないようにしましょう。

④ ピンを使う場合は、ピンが見えないように使う

ワンレングスのような前髪なしの髪型で、後ろ髪と一緒に確実にまとめることができる女性以外は、ピンを使って前髪が垂れてこないように留めておくのが定石です。

ピンでの留め方の注意点として、ピンは傍から見えないように心掛けてください。ピンが見えていると、「子どもっぽい」「外し忘れ」等の悪印象を与えてしまう可能性があります。

「前髪を正面からピンで留めなければならない」事態にならないように、ドライヤーやヘアアイロン、カーラーなどのヘアセットアイテムで自然な髪の流れを根元から作ってください。ピンは、こめかみや耳の後ろで使えば済む程度にしておきましょう。

どうしても自然な髪の流れが作れない!という女性は前髪の量が多く厚みがあるせいかもしれません。美容院でセルフの前髪の作り方がやりやすい量にしてもらうと良いでしょう。

⑤ 崩れやすい前髪はNG!形をキープできるようにセット

大前提ですが、人前で何度も手直しが必要な前髪はNGです。おじぎをする度に、手で払わなければならない前髪は良くありません。就活では、サラサラな前髪よりも形がキープできる前髪を優先しましょう。ピンで留めたり、ワックスやスプレーで固めたりして、そのままの形をキープできるような作り方をしてください。