子供の保育園探しで「小規模保育」という言葉を聞いたことはありませんか?実は認可保育園の一種で、幼保無償化の対象です。共働き家庭にはありがたい小規模保育について、基本的なことからメリット、デメリットまでを紹介します。

小規模保育と一般的な保育園とはどう違う?

小規模保育って何? 一般の認可保育園との違いやメリット、デメリットは?
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

小規模保育とは、定員6~19名の乳児保育を行う認可保育園です。少し前までは、定員数が20名以下の小規模な保育施設はすべて「認可外保育園」として認定され、国が定める認可保育園にはなれませんでした。そんな小規模な保育施設が、2015年にスタートした「子ども・子育て支援制度」によって、国や自治体からの補助を受けられる、認可保育園として運営できるようになりました。それが今回紹介する「小規模保育」です。

小規模保育と通常の認可保育園との大きな違いは、保育対象年齢が0歳~2歳の乳児保育に限られることと、定員が6名以上、19名以下と決められて運営されている点にあります。この違いについて、以下より詳しく紹介していきましょう。

小規模保育が0~2歳限定の理由

年齢区分 利用児童数(2019年) 待機児童数(2019年)
0歳児 152,780人 2,047人
1・2歳児 943,470人 12,702人
3歳以上 1,583,401人 2,023人
全年齢児童の合計 2,679,651人 16,772人

上記表は2019年に厚生労働省がまとめた年齢別の保育園利用者数と待機児童数の調査結果です。数値を見てみると、待機児童16,772人のうち、0歳~2歳児が占める割合が全体の87.9%、14,749人ということがわかりました。待機児童が最も多いのが0歳~2歳の子供で、待機児童数全体の約9割を占めているということですね。

国が2015年に「子ども・子育て支援制度」を制定した大きな目的のひとつとして「待機児童の解消」がありました。保育士の不足などさまざまな問題を抱えるこの待機児童問題を、限られたスペースと人員を使ってより効果的に解決するために、「子ども・子育て支援制度」では待機児童数の多い0歳~2歳の乳児保育に限定して小規模保育を運営することに決めたのです。

小規模保育の定員が19名以下の理由

小規模保育って何? 一般の認可保育園との違いやメリット、デメリットは?
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

小規模保育の定員が19名以下と制限された背景には、従来の基準で生じてしまう環境整備問題を解消する狙いがありました。

一般の保育園が整備できない都心部にコンパクトな保育園を増やすため

国や自治体は待機児童解消のため、積極的に保育園を整備していますが、都心部はビルが密集しており広い土地が確保できず、大規模な保育園が作れないという問題がありました。そのため、多くの子育て世帯が住むエリアにも関わらず保育園の数が少なく、結果として待機児童が増えていました。

そういった問題を解決するために、都心部にも保育の受け皿が増やせるよう、限られたスペースでも開園できる「小規模保育」が2015年に制度化されました。コンパクトな保育園にすることで広い保育園用地確保の必要性を減らすため、「19名以下」という人数制限が決められました。

開園スピードを早められるメリットも

また、大規模な保育園は、土地を整備して建物を建設し、開園するまでに数年の期間を必要とします。しかし、小規模保育であれば、マンションの一室など既存の建物の一部で保育を行うことが可能なため、計画から保育園開園まで数ヶ月で進めることも可能です。保育園の開園スピートを早め、施設数を増やすことで、より多くの待機児童を受け入れられるようになります。そのため、小規模保育は今後の待機児童問題解消のため、大きな期待を受けています。