共働き家庭の子供が小学校に入学するときにパパママを悩ませるのが学童保育問題です。学童保育にも「小1の壁」や「小4の壁」と呼ばれる待機児童問題があり、保活と同じような下調べと準備が必要です。子供の学童保育探しに失敗しないよう、子供の学童保育問題についてご紹介します。

学童保育ってどんな施設? いつから始まったの?

子供の学童保育は月にいくらかかる? 学童にも待機児童問題があるの? 小1、小4の壁って?
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

学童保育とは、共働きなどで日中にパパママがいない家庭の小学生の児童が、放課後や長期休みの期間中に通うことができる施設です。学童保育には学童指導員が常駐しており、単に勉強をするだけでなく、適切な遊びや集団行動などの生活の場を提供してくれます。

学童保育の正式名称は「放課後児童健全育成事業」といい、学童保育は通称になります。他にも「放課後児童クラブ」や「学童クラブ」と呼ばれることもありますね。

学童保育は1950年代に民間の施設として誕生

学童保育は1950年代頃に増え始めました。当初は共働きの親たちが小学校低学年の子供を放課後に預ける必要に迫られ、今の学童保育のような施設を自分たちで整備するところからスタート。その後、国によって正式に制度化され支援体制も作られ、同様の施設が全国に広がりました。

今の学童保育は児童福祉法で定められた子育て支援事業の1つ

民間からはじまった学童保育ですが、児童福祉法などで学童保育についての法整備が進み、現在は厚生労働省が管轄する施設となっています。小学校低学年の児童を学童指導員が預かってくれる施設としてスタートしましたが、最近の共働き世帯の増加にともない、学童保育は国が支援する子育て支援事業の1つとして重視されており、小学校高学年の児童も通えるようになるなど、子供だちの実情に合わせて制度も見直されています。

どのくらいの子供が学童保育に通っているの?

子供の学童保育は月にいくらかかる? 学童にも待機児童問題があるの? 小1、小4の壁って?
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

2018年は121万人の子供が学童保育を利用

それでは今の学童保育にどのくらいの子供が通っているのか、昔と比べて学童保育を利用する子供がどのくらい増えたのかを「全国学童保育連絡協議会」の調査データから集計してみました。

学年ごとの学童保育入所児童数

学年 2015年 2016年 2017年 2018年
1年生 343,502人 351,666人 368,336人 381,184人
2年生 298,806人 312,310人 324,858人 340,377人
3年生 224,715人 237,975人 251,512人 263,498人
4年生 92,173人 106,057人 122,006人 133,983人
5年生 37,007人 45,433人 54,201人 61,389人
6年生 19,711人 21,933人 26,497人 30,500人
1~3年生合計 867,023人 901,951人 944,706人 985,059人
4~6年生合計 148,891人 173,423人 202,704人 225,872人

過去10年ごとの学童保育施設数、入所児童数比較

調査年 学童保育数 入所児童数
1998年 9,627 333,100人
2008年 17,495 786,883人
2018年 23,315 1,211,522人

※全国学童保育連絡協議会「学童保育(放課後児童クラブ)の実施状況調査」データより
学童保育に通う小学校低学年の児童数は昔は今より少なかったのですが、女性の社会進出を後押しする動きが強まり、共働き世帯が増えたことから、学童保育に通う児童数は年々増加しています。全国学童保育連絡協議会による上記、学童保育の施設数と通う児童数の調査データによると、2018年には学童保育施設の数は全国で2万3,315ヶ所あり、登録児童数は121万1,522人となっています。

2018年の入所児童数は前年から6万3,204人も増えており、どの学年でも入所児童数が前年比で増加しています。特に小学校高学年の小学校4年~6年生の増加が目立ちます。上記表の2018年と1998年の数値を見比べてみると、学童保育の施設数が2倍以上、通う児童数は約4倍に増えているのがわかりますね。引き続きも学童保育のニーズは増えていくと考えられます。

学童保育の施設はどこに設置されているの?

設置場所 施設数 全体に占める割合
学校の教室 7,362ヶ所 29.1%
学校敷地内 6,226 24.6%
児童館 2,564 10.1%
公的施設 3,466 13.7%
その他 5,710 22.5%

※2018年発表「放課後児童健全育成事業(放課後児童クラブ)の実施状況」データより

学童保育を学校内に設置が54%、児童館が10%

学童保育全体の54%が学校の空き教室を利用したり、学校の敷地内に設置されています。他にも10%の学童保育が児童館に設置されるなど、公的施設に学童保育が設置されることが多いのがわかります。

その他の22%の学童保育は民間業者が運営する学童施設で、保育園や幼稚園などが放課後に学童保育を行うパターンもあれば、学校周辺のビルなどに学童保育が入居するパターンもあります。上で紹介しているのは認可された国から補助金が出る学童保育の調査データで、最近増えつつある学童保育も行う習い事や学習塾など、補助金を受けていない施設は上記表では集計されていません。