最近、就活での面接のときに「自分を動物に例えると」と質問されることが多くなってきていると言われています。いったい「自分を動物に例えると」と言われたときにどんな風に答えると良いのでしょうか?!この記事では動物ごとに答え方のポイントを解説します!!

「自分を動物に例えると」就活での質問の意図とは?

今、就活性の間で話題になっているのが、面接のときに「自分を動物に例えると」という質問です。

最近の面接ではこの質問をする企業が増えているそうなのです。

この質問は想定していなくて、思わず答えた動物の理由をさらに突っ込まれて、しどろもどろになってしまった、という学生も多いとか。

いったい「自分を動物に例えると」という質問で企業は何を見たいのでしょうか?

この質問では学生のいろいろな面が見えてくるものです。

想定していない質問をされたときの対応力もそうですし、自己分析がしっかりとできているのか、といったこともあります。

またどんな動物をどんな理由で挙げてくるのか、ということで人間性を測ろうとしているのが一番のこの質問の意図になります。

この「自分を動物に例えると」という質問には、さまざまな動物をそれぞれの理由で挙げることができます。

回答に正答はないのですが、より良い回答、というものはありますよね。

この記事ではこの質問でよくあげられる動物を見ながら、どんな回答をすれば就活に勝てるのかを見ていきたいと思います。

【自分を動物に例えると①】犬

犬のイメージとは?【自分を動物に例えると】

まずはもっともメジャーな動物といっても良い犬からみていきましょう

犬にはあなたはどんなイメージを持っていますか?

犬は従順で、ご主人様の命令を良く聞く動物ですよね。

頭がよくて、きちんと躾をすれば、ちゃんということを聞きます。

素直で人見知りをしない、というところも犬のいいイメージとしてありますよね。

面接の「自分を動物に例えると」への13の回答例!何と答えればいい?
(画像=pixabay Photo byzoegammon、『Lovely』より引用)

就活で勝てる「犬」の回答のポイントとは?

「自分を動物に例えると」の面接での質問で「犬」と答える人は、とても多いことでしょう。

中にはユーモアを狙って奇をてらった回答をする人もいる人もいる中で、最もオーソドックスな「犬」と回答するのならば、理由も奇をてらわずに、もっとオーソドックスな点で勝負するのが良いでしょう。

集団生活が得意で協調性がある、上司のいうことには素直に従うことができる、といったところをアピールポイントとして挙げるのが良いでしょう。

【自分を動物に例えると②】猫

猫のイメージとは?【自分を動物に例えると】

犬と同じかそれ以上にメジャーな動物と言えば猫ですよね。

自分のことを猫に例える人も多いのですが、犬と比べると就活での回答はちょっと不利になりそうな気もします。

というのは、猫は犬とは違って自由気ままな動物ですよね。

トイレや食事といった最低限の躾はできますが、犬のように従順に命令を聞く動物ではありません。

しかし自由気ままに見えて、場の空気を読んで、飼い主の気持ちに自然に寄り添う共感力に優れているのも特徴です。

面接の「自分を動物に例えると」への13の回答例!何と答えればいい?
(画像=pixabay Photo byamayaeguizabal、『Lovely』より引用)

就活で勝てる「猫」の回答のポイントとは?

就活の面接の質問の回答で自分のことを「猫」とアピールしたいのなら、一番ポイントになるところは、滅多なことでは怒らない穏やかな性格であることや、自由気ままさ、空気を読んで共感できるところでしょう。

一匹狼を装いつつ、自由気ままに回りに流されることなく、自分の仕事をしながらも、いざという時には空気を読んでサッと手を出せる、そんなところがアピールポイントになってくるでしょう。

【自分を動物に例えると③】アリ

アリのイメージとは?【自分を動物に例えると】

就活の面接では、「自分を動物に例えると」の質問に「アリ」と答える人も多くいるようです。

アリと仕事というと、「働きアリ」とかイソップ寓話の「アリとキリギリス」の働き者のアリのイメージがありますよね。

集団で列をなして餌を取りに遠くまで歩いていくアリの行列は、没個性的ですが女王アリのために一生懸命に一心不乱に働く姿は、会社で働くサラリーマンの姿とも重なるものです。

面接の「自分を動物に例えると」への13の回答例!何と答えればいい?
(画像=pixabay Photo bycp17、『Lovely』より引用)

就活で勝てる「アリ」の回答のポイントとは?

就活の面接でアリと回答するときには、やはり一心不乱に仕事に打ち込む、働きアリに慣れる、ということをアピールすることが大切でしょう。

華やかにアピールできるような個性はないけれども、集団で列をなして餌を取りに行くアリの行列の中の1匹のように、会社のために時には自分の個性を抑えてでも一心不乱に働くことができる、ということがアピールポイントになります。

またイソップ寓話のアリならば、前もって計画的に備えることができる、というのも仕事をする上では大切になってきますよね。