157センチの体重は体脂肪率もきちんとチェック

157センチの理想の体重は?美しく健康的に見える体重や体型を目指そう!
(画像=unsplash.com/photos/tFaJOKVC2J0、『lovely』より引用)

美しいボディを目指すなら、体重だけではなく体脂肪率を意識したダイエットをおすすめします!体脂肪率とは、全体重に占める脂肪の割合がどれくらいなのかを表した数値のことです。

体脂肪は筋肉よりも軽いため、見た目がぽっちゃりしていても体重が軽いということもあります。つまり、いくら体重が軽くても、体脂肪率が高いと見た目は太い場合があるということです。

ダイエットをする人のほとんどが、見た目を美しくすることを目的としているはず。ぜひ体重にとらわれず、体脂肪率を意識していきましょう!

体脂肪率の標準値は20~29%

体脂肪率とは、全体重に占める脂肪の割合がどれくらいなのかを表した数値。体脂肪率の標準値は20~29%と言われています。

体脂肪を測る体組成計は「脂肪は電気を通しにくく筋肉は電気を通しやすい」という特性を利用して、体内に微弱な電流を流し、その電流への電気抵抗値から体脂肪の重さや体脂肪率を推定して測定します。

体脂肪率(%)は「(体脂肪の重さ(kg)÷体重(kg))×100」で求めることができます。とはいえ体脂肪の重さは自分ではわかりませんので、体脂肪率を把握したい人は体組成計を購入することをおすすめします。

スリムな体型を目指すなら20~22%に

スリムな体型を目指すなら、体脂肪率22%以下を目指しましょう。体脂肪率22%以下になると、女性らしさを残しつつ腹筋が少し見える体型になります。プロの女性ダンサーに多い体脂肪率だと言われています。

体脂肪にはエネルギーを蓄える、体温を維持する、ホルモン分泌をコントロールするなどの働きがあり、少なすぎると健康に害があります。20%を下回ると生理が止まってしまう危険性も高まるのです。20%〜22%を目指して身体を鍛えましょう!

157センチの体重の理想体型と服のサイズ

157センチの理想の体重は?美しく健康的に見える体重や体型を目指そう!
(画像=unsplash.com/photos/cixohzDpNIo、『lovely』より引用)

身長157センチで理想体重になったとして、体型はどのようなボディラインが理想なのでしょうか。身長157センチの女性のバスト、ウエスト、ヒップのスリーサイズや、着こなしたい服のサイズをご紹介します。

バスト83センチ・ウエスト60センチ・ヒップ85センチ

身長157センチの女性のスリーサイズは、アンダーバスト「身長(cm)×0.432」、ウエスト「身長(cm)×0.370~0.390」、ヒップ「身長(cm)×0.530~0.542」が理想だと言われています。

アンダーバストは68センチとなり、バストトップは80〜83センチでB〜Cカップとなります。バストは個人差が大きいのであくまでも目安にしてください。

ウエストは60センチ、ヒップは85センチ前後が理想。腰回りの贅肉や下半身太りが気になっている人も多いですよね。キュッと引き締まったウエストや程よいヒップを目指していきましょう♡

服のサイズはS~Mもしくは7号~11号がベスト

理想体型から考える服のサイズは、S~Mサイズが理想です。また、号数でいうと、バスト80センチ、ウエスト61センチ、ヒップ89センチである7号から、バスト86センチ、ウエスト67センチ、ヒップ93センチの11号までがベストです。

今ぴったりの服がLサイズだという人や11号よりも大きいサイズだという人は、このサイズの服を着こなすことを目指してダイエットを始めましょう。

欲しい洋服を決めて定期的に試着に行ってみたり、わざと小さめのサイズの服を買って毎日着てみたりすると、モチベーションが保てます。ぜひ試してみてください♪

157センチの理想体重に近づく体型の作り方

157センチの理想の体重は?美しく健康的に見える体重や体型を目指そう!
(画像=unsplash.com/photos/WAYY2WoGb8w、『lovely』より引用)

ここまで、身長157センチの理想体重や理想体型をご紹介しました。しかし、一番知りたいのはやっぱり「どうすればなれるのか」ですよね。そこで、まず試して欲しいおすすめダイエット方法をご紹介します。きつくない方法なので、ぜひ今日から実践してみてください。

①朝と夜に体重を測る

まずおすすめしたいのが、体重の測り方を変えることです。朝と夜の2回、体重計に乗りましょう。体重は、食べたものや排泄の量などによって、1日のうちでも大きく変動します。

朝だけや夜だけだと、その前の食べたものや排泄のタイミング、寝ている間の発汗などの条件によって体重が変わります。そのため、正しく変化を知ることができません。

朝と夜の体重の「違い」で、その日一日の食事量などをチェックすることができるんです。ぜひ試してみてくださいね。

②きちんとした食事

カロリー制限や糖質制限など、食事制限はダイエットにつきものですよね。確かに、食事はダイエットの重要な要素です。しかし、無理な食事制限は栄養不足に繋がり、貧血や、低血糖症になりかねません。

また、たんぱく質と適度な炭水化物を摂取しなければ、運動をしても筋肉はつきません。筋肉をつけることで脂肪燃焼を効率的に行うことができ、身体が引き締まるのです。

しっかり野菜を食べて栄養を摂ること、たんぱく質や炭水化物も摂取することを意識しましょう。美しいボディに効率よく近付くことができますよ!