ツインレイのサイレント期間にチェイサーから連絡きたらどうなる?普通は連絡しない?サイレント期間の終了サイン、ツインレイが結ばれる方法について解説します。

ツインレイが経験する大きな試練といえば、一時的に別れてしまうサイレント期間です。しかしチェイサーからすれば大好きな人が離れてしまうことになるため、ランナーに連絡をしてしまうことがあります。

そこでこの記事では、サイレント期間中にチェイサーから連絡が来たらどうなるのか解説していきます。

ツインレイのサイレント期間とは?

ツインレイのサイレント期間とは、ツインレイが一時的に別れてしまう期間のことです。それまで付き合っていたツインレイですが、多くの場合男性が、ツインレイ女性を自分では幸せにできないと自信をなくしてしまい、振ることになります。

このとき、ツインレイを振る側をランナー、振られてしまうほうをチェイサーと呼びます。

離れ離れになることで、二人はそれぞれに自分自身をしっかり見つめ直すことになり、その結果、魂を大きく成長させることができます。サイレント期間はこのようにして魂を成長させるために存在する、ツインレイにとっての試練なのです。

そして最終的にランナーがチェイサーに連絡をして、ツインレイは再会することになります。

チェイサーの特徴

チェイサーの特徴としては、天然であまり物事を考え過ぎないというものがあります。よく失敗をしてしまいがちで、周囲の人からイジられることも多いでしょう。物事を深く考えるのではなく、直感で行動するタイプで、不思議とその勘は当たります。

また、好奇心旺盛というのも大きな特徴です。何にでも興味を示し、とりあえずチャレンジしてみます。チェイサーは行動力があるタイプで、天真爛漫な人なのです。

しかしそのような一面がありながら、人間関係で悩むことが多いという特徴もあります。人とは違う考えを持っていたり、意見を合わせることが苦手であったりするため、それにより孤立してしまうこともあるものです。場合によっては、イジメられてしまうこともあるでしょう。案外、人間関係においては不器用なのです。

サイレント期間にチェイサーから連絡きたらどうなる?

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

サイレント期間にチェイサーからランナーのもとに連絡がきたら、サイレント期間が長引いてしまう可能性があります。そもそもサイレント期間は、お互いが離れて、離れた状態でしかできない成長をするための期間です。

お互いに連絡も取らず、会わないからこそそのような成長ができるのですが、連絡を取ることでその成長を邪魔してしまうことになります。場合によっては、ランナーとの距離がさらに遠くなってしまうこともあるでしょう。

それが原因で本来もっと早く終わるはずだったサイレント期間が長引き、数年を要してしまうこともあるものです。

また、最悪の場合、チェイサーが連絡を取ることで再会できないという場合もあります。サイレント期間という大きな試練に失敗してしまい、今世ではツインレイと結ばれないまま生涯を終えることになるのです。

とはいえ、連絡を数回とった程度であれば、特に影響がないことも多いため、連絡をしたから終わりというわけでもありません。