半月目の性格や特徴は?半月目の形や意味、読み方は?半月型の目を持つ人は人相学でどんな意味があるのか、かわいい印象なのか、逆半月型の目を持つ人の性格は?などについて詳しく説明します。

目は顔の中でその人を印象付けるパーツとして知られています。目の形から受ける印象や表情ばかりでなく、その目の持ち主の性格や心理までもが反映されているとされます。人相学では運勢までが目から読み取れます。半月型などといった目の形によって運勢の盛衰までも決定づけられるわけです。

それでは今回は、この半月目の性格や特徴について詳しく解説していきます。

半月目とは?読み方は?

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

半月目とは、目の下側が直線的で上側に丸みがある目の形になります。ちょうど半月を横倒しにした形になります。

半月目の読み方は「はんげつめ」です。半月眼(はんげつがん)とも呼ばれます。あまり一般的ではないのですが目を『がん』と読み、半月目を『はんげつがん』と読むこともあるようです。

この目の人は瞳が黒目がちな人が多いとされます。半月目には人を癒すような雰囲気が漂い、可愛らしさも感じられるので、特に女性がモテる目として注目されています。数多くの人から愛される目とも言えます。

半月目の性格や特徴[人相学]

半月目の人は自己アピールが下手とされます。自分を上手く表現することが苦手で、言いたいことが上手く伝わらないことがあるようです。何事も控えめな性格で、人と積極的に関わることはしません。

いろいろな情報を見聞きすることは少なく、流行りものには疎い面があります。どこかおっとりとしている印象があり、人を癒すことができます。

意志が強く、一度決めたことは最後までやり遂げる気持ちが強いとされます。少々の問題が生じても、途中で諦めたり、投げ出すことはないはずです。周囲に流されず、冷静に状況などが判断できます。窮地に立たされても慌てることなく適切な対応ができます。人から頼りにされる存在で、人から話しかけられることが多くなります。

半月型の目は可愛い印象?

半月型の目の人は、にっこりと笑うと自然に可愛らしい表情になります。無理して可愛く見せるようなあざとさが感じられないようです。特に男性はこの笑顔に惹かれます。

半月型だと、若干垂れた目のように見えるので愛嬌があります。愛玩動物やゆるキャラに通じる目でもあります。一方で人によっては目が全体的に小さく、細い感じなので、時折クールな感じも漂ったりします。しかし目から感情が読み取り難い分、何を考えているかわからないと言われるようです。

逆半月型の目の性格は?

逆半月型は、目の上側が直線的で下側に丸みがあり弧を描いている目のことを指しますが、このタイプの目の人は少数派になります。

この目の人は何事にも機敏で活発になるとされます。行動と思考のバランスが良く、熟慮するものには時間をかけます。物事はしっかりと計画を立ててから取り組みます。用意周到に進めるので、失敗は少なくなります。柔軟な対応が得意で周囲の環境に溶け込みやすいとされます。

当初はかなり厳しい環境でも時間が経つにつれて順応することができます。仕事などは謹厳実直に取り組み、人から高く評価されます。疑り深さがあり、警戒心が強いので、詐欺などで騙されることはありません。機転が利くので、仕事で重宝がられ、恋愛では気遣い上手になるようです。