緑のオーブの意味は?幸運のメッセージ?正体は龍神様?神社や写真の緑の光は?オーブの本物と偽物の見分け方などについても解説します。

写真などに光の玉のような物が写った経験がある、又は光の玉が写っている写真を見たことがあるという人も多いでしょう。

一般的にはその光の玉をオーブと呼んでおり、不吉な前触れだと恐れてしまう人もいますよね。しかし全てのオーブが、不吉な前触れや悪いエネルギーの集合体だとはいえません。

そこで今回は、緑のオーブが持つ意味や込められたメッセージについて触れていきます。

緑のオーブのスピリチュアルな意味

緑のオーブには、神聖なものが宿っている・癒しのエネルギーが発せられているという意味があるといわれています。

精霊や神様が訪れる場所や、自然が豊かにある場所などで緑のオーブを見る機会が多いため、スピリチュアルの世界ではそのように捉えているのです。

また、オーブは霊魂やエネルギーの集合体であるという捉え方から、植物が持つ癒しのエネルギーだといえるでしょう。そして同じ緑色でも透明感を感じるようであれば、良いエネルギー体だとも捉えることができるのです。

緑のオーブは幸運?メッセージは?

『Spicomi』より引用.jpg
(画像=『Spicomi』より引用)

一般的には不吉な前触れだと思われるオーブですが、緑色のオーブは幸運の訪れを告げるものなのです。見た人が近い内に幸運を掴める・ご先祖様や守護霊から導かれて良い方向に向かっているというメッセージが込められています。

また緑色には癒しや安心といった意味がありますから、心身共に癒しを与えられているというメッセージにも捉えることができるでしょう。

そして浄化作用もある緑色ですから、緑色のオーブがたくさん見られる場所は神聖なエネルギーによって守られている場所だというメッセージもあるのです。

風水などでも開運効果があるといわれていますが、スピリチュアル的な観点からも緑のオーブは幸運や運気上昇を告げるサインだといわれています。

ただし緑のオーブを見た時に、不快感や恐怖心といった感情を感じた場合には、神聖なものたちを怒らせてしまう可能性がありますので注意してください。

緑のオーブは龍神様?

大きくて太い流線状の形をした緑のオーブは、龍神様が現れた証だといわれています。龍神様が護っている場所を訪れた場合に目撃した時には、龍神様からの挨拶だと捉えることができるでしょう。

また、龍神様が護っていない場所で目撃した時には、目撃した本人を護っているのです。実際に目視で確認できなくても、写真に写っている場合でも同じことがいえますね。

写真を撮った人を龍神様が護っている・龍神様が護っている場所であるということなのです。そして龍神様にも色の種類があるといわれており、緑の龍神様は向上の龍神様として捉えられているでしょう。

緑色が人に癒しを与えたり成長という意味がありますから、緑の龍神様にも人を向上させて成長させるという捉え方ができます。

神社の緑の光の玉の意味は?

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

神社の中で緑の光の玉を見た場合には、そこが精霊などに護られている神聖な場所であるという意味になります。そして神聖な場所を訪れた人が、幸運に恵まれるという意味も含まれているのです。

また訪れた神社に祀られている神様から、何かしらのメッセージが送られている場合にも、神社で緑の光の玉を見かけることがあるでしょう。

緑には回復という意味がありますので、心身が病んでいることを気づかせるために光の玉を見せてくれています。神様からのメッセージの場合には自覚を促すと同時に、癒しの力も発してくれていると捉えることができるのです。