音叉ヒーリングの効果とやり方は?音叉ヒーリングの周波数、自分で音叉ヒーリングをやる方法、音叉ヒーリングの効果は嘘で危険?などについて解説します。

癒されたいと思った時には、どのようなことで癒しを得ていますか?多くのストレスを感じながら生活をしていると、癒しを求めてしまうのは自然なことだといえます。

そこで今回は、ヒーリング効果が期待できるといわれている音叉ヒーリングについて触れていきます。今まで音叉ヒーリングに接する機会がなかった人は、この機会に触れてみてください。

音叉ヒーリングとは?

楽器の調律などに使われる音叉というアイテムを利用して、心身のバランスを整えたり浄化することを「音叉ヒーリング」と呼んでいます。

体の細胞やDNAなどの深い部分にも周波数がそれぞれあるといわれており、その周波数の音色を奏でることで調律をしてくれるのです。

またクリスタルヒーリングと呼ばれる物もあり、そちらは水晶であるクリスタルと音叉を使用しますが、音叉ヒーリングで使用するのは音叉と軟質の叩き棒のみという違いがあります。

音叉ヒーリングに親しみがない人達は、学校で木琴や鉄琴に触れた経験があれば、あれをイメージしてください。木琴や鉄琴がU字型の音叉に変わったものというイメージでしょう。

音叉ヒーリングの周波数

音叉ヒーリングには9種類の周波数があり、それぞれの周波数によって得られる効果に違いがあるといわれています。

音叉ヒーリングの基礎の周波数というのは528Hzで、ストレスなどで傷ついた細胞やDNAを修復したり細胞を活性化する周波数です。

また528Hz以外にも、174Hz・285Hz・396Hz・417Hz・639Hz・741Hz・852Hz・963Hzといった周波数を利用することがあるでしょう。

周波数 意味
174Hz 心の安定やリラックス効果
285Hz スピリチュアル性の高い周波数であり、自然治癒力を促す効果
396Hz 罪悪感やトラウマなどの感情を和らげる効果
417Hz 自分の意識や潜在意識に働きかけてポジティブ思考に
639Hz 人間関係を改善に導く効果
741Hz 発想の自由や表現力の開花
852Hz 脳を活性化・第3の目を覚醒
963Hz 宇宙意識と繋がりを持てるようにする