「保育ママ」はおもに自宅を保育園の代わりとして、子供を預かる人のことで家庭福祉員とも呼ばれます。保活激戦区では、0~2歳児の保活をする際に選択肢になる人も多いでしょう。保育ママはどんなサービスなのか、料金やあまり知られていないメリット、デメリットを解説します。

保育ママとは? 保育園との違いは?

保育ママって何? 保育料や保育ママのメリット・デメリットを解説
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

保育ママとは、正式には「家庭福祉員」といい、保育園に預ける代わりに、0~2歳の子供を保育ママ1人につき3人まで自宅や保育スペースなどを使って預かる福祉員のことをいいます。
保育ママには、国が認可している「家庭的保育事業」と自治体が運営する「家庭福祉員制度」の2つの制度があります。

国が認可した保育ママ:家庭的保育事業

家庭的保育事業とは、2010年の児童福祉法改正によって定められた制度です。保育園と連携しながら、地域の子供たちを守るために作られました。そして2015年から施行された子ども・子育て支援新制度により、地域型保育事業の1つとして幼稚園・保育園・認定こども園に加えて保育ママも認可事業とされました。

自治体が運営する保育ママ:家庭福祉員制度

子ども・子育て支援新制度が施行されるよりも前から、児童福祉法に基づいて自治体によって保育ママが運営されていました。今でも独自の制度によって運営している自治体があります。こちらが家庭福祉員制度です。

保育ママは全員保育士資格を持っているの?

保育ママって何? 保育料や保育ママのメリット・デメリットを解説
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

預ける側のパパママにとって気になるのは、保育ママはどんな人がなっているかですよね。保育ママは誰でもなれるわけではありませんが、認可保育園に比べればややスタッフの基準は緩くなっています。

保育ママは保育士の資格が必須ではない

保育ママは必ずしも資格を持っている人ばかりではありません。保育士や幼稚園教諭、助産師、保健師、看護師など、資格を持っている人が多いですが、資格を持っていなくても自治体の研修を受け子育て支援員の資格を取得すれば保育ママになることができます。

保育ママになるには、子育て経験があるのか、保育士・看護師・幼稚園教諭などの資格を持っているか、保育に専念できる状態(副業として取り組むのではない)か、保育専用の部屋の確保などの環境が整っているかなど、いくつかの項目があり、1つ以上当てはまることが必須となります。詳細なルールは自治体によって基準が違うため、事前にお住いの自治体の保育ママになるための条件を調べてみることをオススメします。