ベビーオイルは成分によって効果が違います。赤ちゃんの肌は生後3ヶ月をすぎると乾燥しやすくなるので、ベビーオイルで保湿してあげましょう。ベビーオイルの成分や選び方から、赤ちゃんのデリケートな肌に合うおすすめベビーオイルまでをご紹介します。

赤ちゃん用のベビーオイルってどんなもの?

赤ちゃんにおすすめなベビーオイルの選び方! 人気はどれ? マッサージにも使えるものは?
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

赤ちゃんの肌は潤っているように思われがちですが、実はとても乾燥しやすい肌なのはご存知でしょうか。そのため赤ちゃんには肌の保湿が欠かせません。それではママがお風呂上りに使用しているボディクリームを赤ちゃんに使ってもいいのでしょうか? 赤ちゃんは大人に比べて肌が薄く弱いため、香料が入っていなかったり、肌に優しい成分の赤ちゃん専用オイルを使ってあげる必要があります。

赤ちゃんの薄くて弱い肌の保湿専用に開発されたのがベビーオイルで、赤ちゃんの肌に塗り、マッサージしても刺激が少ないようにオイルの成分が調整されています。赤ちゃんの柔らかくデリケートな肌を傷つけないよう、塗り心地が滑らかで肌なじみも良く、毎日の保湿に使っても安心な成分となっています。赤ちゃんの弱い肌専用に開発されたベビーオイルは実は敏感肌の大人にも使えます。肌が弱い敏感肌の女性がわざわざベビーオイルを選んで使っているほどです。1本で赤ちゃんと一緒にパパママも保湿ができるので、ベビーオイルはとても便利なアイテムなんですよ。

ベビーオイルは生後何ヶ月の赤ちゃんから使うものなの?

赤ちゃんにおすすめなベビーオイルの選び方! 人気はどれ? マッサージにも使えるものは?
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

ベビーオイルを使い始めるのは生まれてすぐ? 生後3ヶ月から?

ベビーオイルは赤ちゃんの肌に優しい成分で開発されているので、生まれたばかりの新生児から安心して使うことができます。ただ、先輩ママからは「赤ちゃんの保湿ケアは生後3ヶ月くらいからで大丈夫」とアドバイスしてもらったママもいるのではないでしょうか。生後3ヶ月頃までの赤ちゃんは肌を乾燥から守るために皮脂が多くなっています。生後3ヶ月を過ぎると皮脂が少なくなり、保湿成分が含まれているベビーオイルで赤ちゃんの肌のケアをしてあげましょう…少し前までは言われていました。

しかし、皮脂が過剰に分泌されると頭皮や体にうろこやかさぶたのようなものができる「乳児脂漏性湿疹(にゅうじしろうせいしっしん)」になることもあります。また、赤ちゃんは新陳代謝がとても活発で大量の汗をかくため、新生児の頃からの沐浴で肌を清潔に保ってあげる必要があります。その沐浴後の赤ちゃんのしっとりとした肌を保湿してあげるには、保湿成分が含まれているベビーオイルが最適です。

生後間もない頃からベビーオイルを使うとアトピー性皮膚炎やアレルギー予防につながる

また、ベビーオイルでの保湿で肌を守ると病気の予防効果も期待できます。乾燥してカサカサになった肌には隙間ができ、そこから皮膚病の原因になる病原菌が侵入してきます。ベビーオイルを塗り、優しくマッサージしてあげることで、皮膚のバリア機能が正しく働くようになります。新生児の頃からベビーオイルを使うのは日本の医療機関でも推奨されています。

2014年の国立成育医療研究センターの研究では「新生児期からの保湿剤塗布によりアトピー性皮膚炎の発症リスクが3割以上低下することが分かった」と発表されています。同じ研究で「アトピー性皮膚炎発症は卵アレルギーの発症と関連している」とも報告されています。新生児の頃からベビーオイルを塗り、優しくマッサージしてあげることでアトピー性皮膚炎やアレルギー予防にもつながるですね。

ベビーオイルを使う前には肌との相性、アレルギー反応が出ないかをチェック!

ベビーオイルを初めて使う時には、赤ちゃんの肌にあった成分なのか、アレルギー反応が出ないかどうかを確認するためパッチテストを行ったうえで使ったほうが安心です。太ももや二の腕などにベビーオイルを少量を塗ってみて赤みが出なければOKです。ベビーオイルなどのスキンケア商品は、肌に合う成分なのかは個人差があり、塗ってみないとわかりません。購入する際はまずは少量のボトルから試してみたほうが良いですね。ベビーオイルの試供品などが貰えればそれを使って肌にあった成分なのかをチェックしてみるというのも良いでしょう。

ベビーオイルは何歳まで使うものなの?

赤ちゃんにおすすめなベビーオイルの選び方! 人気はどれ? マッサージにも使えるものは?
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

子供が小学校に上がってもベビーオイルは使ってOK

ベビーオイルの使用は特に「何歳まで」という決まりはありませんが、小学校に上がる頃でも子供の肌はまだまだ弱いので、子供が嫌がらない限りはベビーオイルを塗り、優しくマッサージしてあげるのをおすすめします。男の子はだんだんベビーオイルを塗らせてもらうのを嫌がるようになるかもしれませんが、冬はどうしても肌が乾燥しがちになるので、そういう時期だけは我慢してもらい塗ってあげましょう。最近では大人の男性でもお肌の保湿に気を遣う人が増えてきたので、子供の頃から保湿の習慣をつけてあげた方がいいかもしれませんね。

女の子は乳幼児期からしっかりお肌の手入れをしていると、大人になってからも綺麗な肌が維持しやすいと言われています。そのため、小学校に上がる頃から自分でベビーオイルで保湿して肌を守る習慣をつけてあげましょう。わざわざ習慣づけてあげなくてもママの真似をしたがる女の子も多いでしょうから、自然と自分からベビーオイルでお肌の手入れをし始める子も多いでしょう。

このように子供が何歳になっても、ベビーオイルを一家に1本常備しておくといいでしょう。子供がなかなか使いたがらなくても、ベビーオイルは大人も使えるので乾燥が気になる季節になったら、家族で使用するのがおすすめですよ。