働いている女性であれば、出産のために一定の休暇を取れます。契約社員・パートの場合や育休との違い、申請方法などを解説します。産休後にもらえる出産手当金の対象者や金額、申請方法なども合わせて知っておきましょう。

産休とは? 誰でも取得できるの?

産休とは? 期間はいつからいつまで? 出産手当金はいくら? 育休との違いも解説!
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

産休(産前産後休業)は、働いている女性なら正社員やアルバイトなどの雇用形態に関係なく誰でも取れる休暇です。産休は労働基準法で定められており、産前休業(妊娠中の出産までの休暇)と産後休業(出産後の休暇)に分かれています。

産休はいつからいつまで?

産休とは? 期間はいつからいつまで? 出産手当金はいくら? 育休との違いも解説!
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

産休では、産前に42日、産後に56日、合計98日間の休みが取得できます。双子など2人以上の赤ちゃんを妊娠している場合、産休は産前が98日に増えて合計154日になります。産前休暇の取得は義務ではなく申請制ですが、産後休暇の取得は義務付けられているので必ず取得しなければなりません。

妊娠中の体調の関係や、里帰り出産で産前の42日よりも前に休みに入る場合は、有給休暇を使います。復職するタイミングによって、産前に保有していた有給休暇の期限が切れてなくなってしまう可能性もあるので、仕事の引き継ぎなどを早めに終わらせ、有給休暇をすべて消化して産休に入る人も多いようです。

産休の計算方法は?

産休を開始できる日は、出産予定日の6週間前の翌日からです。カレンダーで確認するとわかりやすいですね。例えば8月1日が出産予定日の場合、以下の表の通り6月21日から産前休暇を申請できます。産後休業は出産した日を含めて56日で、出産した日の翌日から8週間となります。

産休とは? 期間はいつからいつまで? 出産手当金はいくら? 育休との違いも解説!
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

※産後休業開始日は出産した日によって異なります。

以下の自動計算ツールでは、出産予定日を入力すれば、産前休業期間や産後休業期間、育児休業の申請期間、育児休業期間を確認できます。活用してみてください。

産休・育休はいつから?産前・産後休業、育児休業の自動計算/女性にやさしい職場づくりナビ

人によって産休期間が違う?

産休は産前に42日、産後に56日、合計98日間の休みと解説しましたが、出産予定日と実際に赤ちゃんが生まれた日によって、産休が長くなったり短くなったりします。産休の計算は出産予定日をベースに決められるので、出産が予定日よりも遅れると産前休業が長くなり、早まると短くなります。

筆者の場合は予定日より1週間ほど遅れての出産だったので、結果的に休暇が増え、後述する出産手当金も増えてラッキーでした。産前休暇をいつから取るか、取らないかでも取得する産休期間は変わります。出産予定日まで働きたい場合、体調に問題がないか医師に相談してみましょう。産後は、医師の許可が下りれば産後6週間を過ぎた43日目から働けます。