六芒星の意味とスピリチュアル効果は?六芒星はダビデの星?危険で怖い意味のマーク?悪魔崇拝でタブーとされている?六芒星の本当の意味について詳しく解説します。

六芒星(ろくぼうせい)またの名をヘキサグラム。正三角形2つを逆に重ねたような星型六角形を見たことはありませんか?タロットカードの裏面、不思議な文様、ユダヤの印?形はよく見ますが実際の意味は意外と知られていないようです。

スピリチュアル的にも意味がある六芒星(ヘキサグラム)について紹介します。

六芒星の意味とは?

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

六芒星(ヘキサグラム)とは一言で言えば魔除けです。古代バビロニア、オリエントなどで信じられ、それ以前、最古の文明と言われているシュメール遺跡からもその印が発掘されたという、歴史が深い印です。

正三角形△とそれと同じ正三角形を逆に▽重ねた星型になっています。これは肉体と精神の調和を表してます。この2つの三角形は男と女、天と地、神と人、火と水、風と土、光と闇…常に対になっているものを表しています。

なんだかゲームに出てきそうなキーワードですが、この世の自然界のエネルギーを全て集めて融合し調和した印が六芒星(ヘキサグラム)。

大きなエネルギーを持つ魔除けとして、幸運の御守りとして遙か古の時を超え古代バビロニア、オリエントからインド、イスラム、中国、そして日本にも伝わります。その意味するものも、魔除けや幸運の御守り、調和の象徴です。

六芒星はダビデの星?

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)
※イスラエルの国旗

イスラエルの国旗にも掲げられている六芒星「ダビデの星」。探してみると他にもモロッコやスロベニアなどにも六芒星のような形が国旗に使用されています。

六芒星が世界に広がり、本来の意味にその土地の思想が付加され、それぞれの象徴となっていったのでしょう。

厳密に言えば六芒星とダビデの星には違いがあります。形が似ている事、歴史的な背景により同様に扱われていますが、スピリチュアルの観点からみれば“六芒星”と“ダビデの星”は別モノです。

「ダビデの星」という呼び名は古代イスラエルのダビデ王が由来という説もありますが、考古学的にはダビデ王と六芒星を関連づける決定的な証拠は見つかっていません。ただ、旧約聖書にも登場する古代イスラム王国絶頂期を統治した賢王ダビデ。まったく無関係ではないのかもしれません。

六芒星のスピリチュアル効果7個

1. 魔除け

一番有名な効果としては魔除け、悪魔除けです。この正位置と逆位置の正三角形の中心には“魔”や“邪”が入ることができないと言われています。この印から発するパワーを魔や邪気は最も嫌うため近くに寄せ付けない効果があります。

世界のあらゆるエネルギーが集まる六芒星の中心は生きとし生けるものによって良いエネルギーが満ち溢れているのです。

そのため、家の玄関や部屋、大切にしているものに六芒星の印を置いたり、実際身に着けたり鞄にいれて持ち歩いたり、御守りとしての役目もあるのです。

2. 浄化

浄化効果もあると言われています。パワーストーンはもちろん、なぜか気持ちがよくないもの、他人に貸したら少し違った雰囲気になったなど、モノを浄化するとも言われています。

六芒星は自然界のエネルギーが全て集まるので、自分にとって好意的に思えないものを六芒星の印と共に暫く置いたり、しまっておけば浄化されると言われています。

一説に六芒星の上においた食べ物は腐らないという噂もありますが…こちらはどうでしょう?若干腐敗が遅くなる事もあるかもしれませんが、現実的に室温や湿度など環境と食べ物の性質もあるので衛生面でオススメ出来ません。

3. 運気上昇

驚くことに恋愛運、仕事運、健康運、金運など運気を上げる力があります。部屋などに六芒星の印を飾り暫くすると願いが叶うといいます。特に毎日祈る必要もありません。

六芒星の中心に集められた自然界のエネルギーが人やその空間にとって良くないものを排除し、必要な運気を上げてくれるといいます。

六芒星は善悪を見極める力が強いのでしょう。もしも、持ち歩いたり家に御守りとして飾るなら金色が良いといわれています。金色の六芒星は通常より強力なパワーを集めると言われています。

4. 宇宙のパワー

六芒星には宇宙のパワーも集まっています。古代シュメール人も使っていたという六芒星の印。当時の人々も星空を眺め宇宙と言う未知の世界に想いを馳せていたのでしょうか?シュメール人も空に浮かぶ星に似た六芒星の形を重ね壮大な宇宙を感じていたのかもしれません。

六芒星にはこの世の全てのエネルギーが集まりますので地球が存在する宇宙の影響を受けて当然です。星に名前を付け星を繋ぎ現在の星座の基礎を作ったのは古代バビロニアと言われていますが、すでにそれ以前の時代から宇宙のパワーの存在を感じ取っていたのかもしれません。

5. 肉体と精神の調和

六芒星には最初に述べた通り、肉体と精神(魂)で人は造られています。正三角△は肉体、逆三角▽が精神。どちらもバランス良い状態でなくてはなりません。

体調が悪い、心が弱っている、疲れている、どこか気分がすぐれないのは肉体と精神のバランスや調和が取れていないから体調に異変があるのです。そのバランスを調整してくれる力も六芒星のエネルギーに秘められています。

六芒星は逆さまにしても、斜めにしてもどんなに向きを変えても形は変わりません。常にバランスを保ち調和している形です。

6. 霊能力の向上

自然界の全てのエネルギーが日頃眠っている潜在能力や第六感の1つである霊感にも大きく作用します。占い師や霊能者、巫女などといったスピリチュアルな人が六芒星の印を身に着けているのを見たことはありませんか?

スピリチュアルな人も生身の人間であることには変わりはありません。いつ自らの力を使う時が来ても、どんな魔と対峙する時でも常に確実に能力を発揮できるようにしているのです。

また、魔と対峙したり異次元との交信は体力的にも精神的にも大きな負担を受けます。魔除けと浄化の力を持つ六芒星は神聖な護符でもあるのです。

7. サイキックパワーの向上

サイキックパワーと霊感はとかく“不思議な力”という括りで一緒にされがちですが、厳密には別の能力です。確かに同じように霊や神から力を受け予知やヒーリングを行う場合もありますが、サイキックパワーはその人自身の秘められた力です。

スプーン曲げもその1つですが透視、物体移動、テレパシー、リーディングなどがサイキックの力です。六芒星は潜在意識の中にある能力を伸ばします。第六感は誰もが持つ力。力の大小、開花しているしていないはあっても優れた能力を伸ばします。

六芒星は魔除けで幸運の意味?

これまで紹介した通り六芒星にはこの世の多くのエネルギーが集結しています。そのため、魔を跳ね除け願いを叶え幸福になると言われています。しかし、単に願いを叶えるという一般的な御守りとは少し違います。

肉体と精神のバランスを整え、偏った状態や過剰な状態を通常の状態に戻す。余計なものを排除し必要なものを与えるということ。持っているだけで願いが叶い幸せになるというものではありません。

各々が自分を信じ自信を持つことで潜在能力を引き出し高めるので、自然と不可能を可能に変えることが出来るのです。それが願いが叶うということ。

幸運とは願いが叶う事でもありますが、自分を好きになり自信を持って前に進んで行けることこそ本当の幸運です。六芒星に秘められた宇宙や自然のパワーには本当の幸運に気づかせてくれる力があります。