本物のライトワーカーの特徴は?ライトワーカーの意味や種類、ライトワーカーの使命や生き方は?ライトワーカーについて詳しく説明します。

ライトワーカーといえば、光の仕事人とも呼ばれる、人々を苦しみから救ってくれる存在ですよね。そのようなライトワーカーですが、もしかしたら自分がそうかもしれないと感じている人もいるでしょう。

そこでこの記事では、本物のライトワーカーの特徴やライトワーカーの使命などについて解説していきます。

ライトワーカーの意味とは?

ライトワーカーとは、光の仕事人とも呼ばれる、人々を苦しみから救う使命を持った人のことです。ライトワーカーとして生まれた人は、苦しんでいる人を助けたり、悩んでいる人に助言を与えたりして、多くの人々に光を与えるという役目を持っています。

また、世の中が悪い方向に進んでいくことを防いだり、宇宙と地球を繋げたりするという使命も持っています。そのような考えや救いを、様々なものを通して人々に伝えていくのです。

ライトワーカー自身も自分がライトワーカーだと気づいていないことが多いですが、人々を救う活動をすることに幸せややりがいを感じます、そのため、自覚はなくても自然とライトワーカーとしての使命を全うしていくことになるのです。

ライトワーカーの種類

ライトワーカーには3つの種類があります。ヒーラー、メッセンジャー、トランスミューターの3つです。

「ヒーラー」とは、人々の不安や恐怖などを取り除くライトワーカーのことです。人を癒すことで多くの人々を救います。カウンセラーや医師といった仕事をしていることが多いです。

「メッセンジャー」はメッセージを伝えることで、人々が正しい道を歩めるように誘導するライトワーカーのことです。様々な作品を作ったり、情報発信を行うことで、そのメッセージを届けます。歌手や芸術家、ブロガーなどに多いです。

「トランスミューター」は、ネガティブなエネルギーをポジティブなエネルギーに変換するライトワーカーのことです。そしてそれを直接的に行うという特徴があります。お笑い芸人や芸能人、占い師などに多いです。

本物のライトワーカーの特徴20個

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)
(1)思考力が高い
(2)直感が鋭い
(3)他の人とは違う感覚がある
(4)集団行動が苦手
(5)一人の時間が好き
(6)誰かに合わせることが苦手
(7)感情移入しやすい
(8)相手の心理を見抜くのが得意
(9)誰かの役に立つことに幸せを感じる
(10)自分がなぜ生まれてきたのか考える
(11)人混みが苦手
(12)大きい音やうるさい場所が苦手
(13)スピリチュアルな力がある場所が好き
(14)笑顔を見ると幸せな気持ちになる
(15)ボランティア活動をしている
(16)権力や組織に敵対心がある
(17)人を救う仕事をしている
(18)ファッションが個性的
(19)努力家である
(20)想像力が豊か

本物のライトワーカーの特徴としては、思考力が高いというものがあります。ライトワーカーとして生まれた人は子供の頃から賢く、人とは違う価値観を持っていることが多いです。その上で努力家ですので、勉強や仕事でも結果を出すでしょう。

ただしそのような部分が周囲の人には理解されず、孤立してしまうことも多いです。特に子供の頃は周りに合わせるのが苦手なこともあり、友達ができなかったり、イジメにあってしまったりする人もいます。

また、人混みや大きな音が苦手ですので、休日は家にいることが多いです。部屋でゆっくり過ごしたり、一人で休日を過ごしたりすることを好むため、変わった人と思われてしまうことも少なくありません。