お腹が徐々に大きくなってきて動くのも大変な妊婦生活ですが、産まれてくる赤ちゃんの名前を考える楽しみもありますよね。赤ちゃんの名前に悩んでいる方は、名前辞典や名付け本を参考にするといいでしょう。今回はおすすめの本を紹介します!

赤ちゃんの名付けは名前辞典・名付け本を!

赤ちゃんの名前に悩んでいるママへ 名付けにおすすめの名前辞典や名付け本を紹介
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

赤ちゃんに付ける名前は、パパとママからの最初のプレゼントでもありますよね。子供が一生つき合っていくものなので、とっておきの名前を贈りたいと思うのが親心だと思います。そこで役に立つのが「名前辞典」や「名付け本」です。何千・何万もの名前の候補が一冊にまとまっており、名付けにおすすめの漢字をはじめ、誕生月や季節に合った名前、漢字の意味や成り立ち、画数、イメージなど、様々なアプローチから候補を探せます。

赤ちゃんの名前辞典・名付け本を購入するメリットは? ネット検索ではダメ?

赤ちゃんの名前に悩んでいるママへ 名付けにおすすめの名前辞典や名付け本を紹介
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

最近では、インターネットでの名前検索サイトも充実しており、その手軽さからネットで赤ちゃんの名前を探すパパママも多いかもしれません。ですが名前辞典や名付け本にはネット検索では得られないメリットがいくつかあります。

名付けの基礎知識・ルールがわかる

意外に知られていませんが、名付けには基本的な知識やルールがあります。名前辞典・名付け本であれば、それらの詳細を知ることができるので、安心して名前を付けられます。

名前には使えない文字がある

名前に使用できる漢字は文部科学省と法務省によって決められており、以下の漢字は名前には使えません。出生届けの際に受け付けてもらえないということが無いように気を付けてくださいね。

  1. 常用漢字(2136字体)や人名用漢字(861)に含まれていない漢字
  2. 「A」「a」などの外国の文字
  3. 「Ⅰ」「Ⅱ」などの漢字以外の数字
  4. 「☆」「♪」「π」などの全ての記号

名前にふさわしくない漢字がわかる

「悪」や「罰」などは名前にふさわしくないとすぐに分かりますよね。ですが中にはわかりづらい漢字もあります。たとえば「海月」。一見するとロマンチックですがこれは「くらげ」と読むため、名付けにはおすすめできません。こうしたイメージにひかれて名前に使ってしまいそうな漢字も、名前辞典では取り上げているので安心です。

読みづらい漢字や難しすぎる漢字は控えた方が良い

名前は社会生活の中で使われるもの。なるべくなら読みづらい名前や画数の多すぎる漢字は付けない方が良いとされています。

思い出に残せる

赤ちゃんの名前に悩んでいるママへ 名付けにおすすめの名前辞典や名付け本を紹介
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

かたちに残せるのも書籍である名前辞典・名付け本の良いところ。気になるページを折っておいたり、付箋を貼ったり、マーカーを引いたり…赤ちゃんのためにしたこと全てが大切な思い出になります。将来子供が自分の名前の由来を知りたがることがあるかもしれません。そんな時に名付けに使った本を開きながら、どんな気持ちで名前を考えたかなどを語ってあげたら、子供との絆がさらに深まるのではないでしょうか。場所を取るから保管が難しいという方は名付けのヒントにした言葉や漢字のページを写真に取ってデータ化しておくという方法もありますよ。

たくさんの名前の候補が掲載されている

何千・何万という名前の候補が掲載されている名前辞典や名付け本。webサイトでは気になる「漢字」や「発音」をピンポイントで検索していかなくてはなりませんが、名前辞典や名付け本であれば数多くの名前を探せます。また全てのページに目を通す時間がなくても、ページをめくって何となく気になる漢字や目に飛び込んできた語をチェックしておき、名付けの候補にしていくという方法もできます。

自分では思いつかなかった名前と出会える

名前辞典や名付け本は、「生まれた月」「季節」「漢字の意味」「語の響き」「字の印象」「姓名判断」など、様々なアプローチで名前の候補を考えられるようになっています。そのため自分では思いつかなかったような名前にも出会えます。また数多くの名付け候補に触れることで、名前のイメージもどんどん広がっていくでしょう。

赤ちゃんの名前辞典・名付け本の選び方は?

赤ちゃんの名前に悩んでいるママへ 名付けにおすすめの名前辞典や名付け本を紹介
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

名前辞典や名付け本には様々なタイプがあります。どの本にしようか迷ったら、タイプごとに比較し検討しましょう。

こだわるポイントを決める

読み方や音の響きに特化したもの、漢字の種類や意味が豊富なもの、海外でも使いやすい名前を多く紹介したものなどがあります。使いたい漢字がある、付けたい読み方がある、世界で活躍できる子にしたいなど、名前を付ける上でのこだわりポイントがあれば、それに合った名前辞典や名付け本を選ぶといいでしょう。

性別で選ぶ

赤ちゃんが男の子か女の子かがすでにわかっている場合は、その性別の名前辞典・名付け本を選ぶのがおすすめです。音の響きや漢字など、男女それぞれにふさわしいものがありますし、名前の発音も力強い印象を与えるものや、優しいイメージを与えるものなどがあります。どちらの性別にも対応した名前辞典や名付け本もありますが、男女それぞれの候補が載っているため、片方だけのものよりもどうしても例が少なくなってしまいます。赤ちゃんの性別がどちらか生まれるまで楽しみにとっておきたいという方は、男女共有のものがいいでしょう。