生まれてくる赤ちゃんの名前を考える時間はとても楽しいですが、赤ちゃんにとっては一生ものになるので、名付けに悩んでいる方も多いのではないでしょうか? 名付けのルールやポイントを知るだけで名前の候補が増えるので参考にしてくださいね。

赤ちゃんの名前を考える前に! 名付けの基礎知識を知ろう

名付けにルールはあるの? 赤ちゃんの名前の付け方の基礎知識&ポイント・注意点を紹介
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

名前に使える文字数はたくさんありますが、名付けには法律で定められたルールがあるのでこれを踏まえると方向性が見えてくるかもしれません。

名付けの基礎知識:使える漢字・文字

「子の名に使える漢字」として法務省のホームページに「常用漢字表」と「人名用漢字表」がダウンロードできるようになっています。常用漢字は約2000字、人名用漢字は約1000字あり、この中から選ぶ事になります。人名に使用できる漢字は少しずつ増えていますよ。漢字の他、ひらがな・カタカナが制限なく使用できるので、「ヰ」「ヱ」「ヲ」「ゐ」「ゑ」「を」も人名に使えるという事です。また、名前の始めの文字としての使用はできませんが、「ー」「ゝ」「ゞ」「々」も使う事ができますよ。

名付けの基礎知識:アルファベットや数字は使えない

「Hanako」といったローマ字表記などのアルファベットや「1,2,3,4…」のアラビア数字は使用不可になっています。「一郎」「一二三」にあるように漢数字は使えます。

名付けの基礎知識:漢字の読み方

実は戸籍法上、名前の読み方について制限を設けておりません。漢字の意味に合わせた英語読みでも問題無い事になります。例えば「真珠」に「パール」と読ませても受理されます。しかしフリガナ欄の無い書類も業務上存在するので、この場合漢字本来の読みで対応される可能性がある事を念頭に置いておいてくださいね。

名付けの基礎知識:出生日より14日以内に決める

名付けにルールはあるの? 赤ちゃんの名前の付け方の基礎知識&ポイント・注意点を紹介
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

これは出生届の提出が14日以内と決まっているからです。14日以内に提出する事で、赤ちゃんの名前で社会福祉などの行政サービスを受ける事ができるようになります。出生届は14日を過ぎても提出できますが、社会福祉を受ける月が次の月になってしまいます。例えば児童手当など本来受ける事ができる月がカウントされず損してしまいますので、赤ちゃんが生まれる前から名前を考えて期限内に出生届を提出できるようにしておきましょう。

名付けの基礎知識:文字数

戸籍法では第五十条において「子の名には、常用平易な文字を用いなければならない。」とし、文字数の制限は定めておりません。よって、詩などの長い文章のような名前も受理されますが、子供自身が名前を書くのが大変だったり、言いづらかったりするので、常識の範囲内でつけましょう。

赤ちゃんの名付けのポイントは?

名付けにルールはあるの? 赤ちゃんの名前の付け方の基礎知識&ポイント・注意点を紹介
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

最低限のルールを理解した上で、今度はどのようにして名前を決定するのかを考えてみます。

赤ちゃんの名付けのポイント:長く愛される名前

まず見慣れた漢字で、漢字本来の読み方をする名前はどの年代にも受け入れられます。どの世代にも見られる定番の名前は思った以上にあり、「大輔」「大介」「花」「華」や、「〇太郎」「〇太」「美〇」「〇美」などがそれに当たると言えます。どの世代にも見られるという事は、長く愛される名前でもあるので参考にしてみてください。

赤ちゃんの名付けのポイント:姓と名前のバランスを考える

姓が一文字と三文字以上の場合に、名前全体のバランスを考えるパパママは多いです。姓が一文字で名前が一文字、姓が三文字以上で名前も三文字以上も良く見受けられ、使用する漢字を工夫するなどきれいにまとまっている名前が多い印象です。

赤ちゃんの名付けのポイント:親の願い・思いを込める

名付けにルールはあるの? 赤ちゃんの名前の付け方の基礎知識&ポイント・注意点を紹介
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

子供が健やかに成長するように、良い出会いがあるように、好きな事をたくさんできるように、お金に困らないように、など縁起の良い漢字を使って名付ける方法は昔から行われていますね。「幸」「美」「希」「寿」「大」「輝」「和」などが挙げられますが、これらは今も昔も色あせない漢字として安定した人気があります。

赤ちゃんの名付けのポイント:呼びやすく、聞き取りやすい

ここで重要なのは、緊急事態が起きた場合です。日本語として発音しやすく老若男女誰でも聞き間違いしにくい事は重要になります。日常生活でも呼びやすい名前は愛着がわきやすいというメリットがありますよ。