生まれてくる赤ちゃんに最初に贈るプレゼントといえば「名前」。これから名前を決めようと思っているパパママに、名前の決め方をご紹介します。いつくか候補を出して、その中から名前を選びましょう!

赤ちゃんの名付けのルールは?

赤ちゃんの名前の決め方のポイントは? 候補がある場合と候補がない場合はどうしたらいいの?
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

赤ちゃんの名前に使える漢字や文字には決まりがあります。これから生まれてくる赤ちゃんのために、頭でイメージしている名前や使いたい漢字の候補があるパパママは名づけのルールを確認しましょう。どういった漢字や文字が使えないのか、読み方や文字数に関する決まりを紹介します。

赤ちゃんの名付けのルール:使える漢字・文字

子供の名前で使える漢字は、雑誌や新聞などで使われる常用漢字1945字と人名に使える人名漢字983字、合計2928字です。法務省により定められた人名漢字の中には人名としてふさわしくない漢字もあり、市民の反対で追加案を訂正するなど、日々見直されています。また、漢字のほかにもひらがなやカタカナ、記号などの文字も使えます。

記号 名付け方
「マリー」「こーこ」など音を伸ばす文字
「瑠々(るる)」など文字を繰り返す時
「りゝ」「ねゝ」など文字を繰り返す時
「寿ゞ(すず)」前の文字に濁点を付けて繰り返す時
「ネヽ(ネネ)」カタカナの文字を繰り返す時
「スヾ(スズ)」カタカナの文字に濁点を付けて繰り返す時

※名前に使える記号は、「々瑠」などのように文字の先頭には使えません。

赤ちゃんの名付けのルール漢字の読み方・文字数

子供の名前の読み方や文字数に制限はありません。漢字1文字でさまざまな読み方ができるため、最近はふりがながなければ読みにくい名前が増えています。例えば「男(アダム)」や「黄熊(ぷう)」など、漢字を見ただけでは読めない名前もあります。パパママの思いが詰まった名前とはいえ、できれば読みやすい漢字と文字数が理想的です。

赤ちゃんの名前の決め方! 候補がある場合

赤ちゃんの名前の決め方のポイントは? 候補がある場合と候補がない場合はどうしたらいいの?
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

赤ちゃんの名前は、パパママの間で意見の違いや、候補の数が多いことで決めるのに時間がかかってしまうケースが多いです。「いくつか名前の候補があるけど決まらない……」そんな時は、次のような方法で考えてみてはいかがでしょうか。

つけたい音や響きがある

赤ちゃんの名前の決め方のポイントは? 候補がある場合と候補がない場合はどうしたらいいの?
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

子供の名前につけたい音や響きがある場合は、文字にあった漢字を当てはめてみましょう。名前は漢字のほか、ひらがなやカタカナも使えるので、名字とのバランスを考える必要があります。名前の響きが名字の音に似ていたり、「厳惰夢(がんだむ)」のようなまるでアニメキャラクターのような現実離れしたな名前になってしまう場合、名字とのバランスをとることもも大切です。

つけたい漢字がある

赤ちゃんの名前の決め方のポイントは? 候補がある場合と候補がない場合はどうしたらいいの?
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

つけたい漢字があるけど読み方が思いつかない場合は、相性のいい漢字を組み合わせてみたり、漢字1文字でも読める名前にしたりして、候補を広げてみましょう。例えば「青」という漢字1文字を辞書で調べると、読み方は「セイ、ショウ、あお、あおい」です。青の漢字は爽やかなイメージが強いため、同じイメージをもつ「空」や「海」などの漢字を名付け候補にできます。