“ハワイ・クアウリ”(Hawaiʻi Kuauli)という言葉を聞いたことがあり、なおかつその意味を知る方は、ハワイ通でもなかなかいらっしゃらないのではないでしょうか? これはハワイ島の古式ゆかしき別名で、ハワイ語で“闇にそびえ立つハワイ”という意味。 はるか昔、航海中のカヌーの甲板からハワイ島を見たとき、マウナケアとマウナロアが地平線にそびえ立つ姿を見て、名づけられたといわれています。  古のハワイ島に関するメレ(歌やチャント)にも、ハワイ島を指す別名としてよく使われています。 かつて日本が「豊葦原之千秋長五百秋之瑞穂国(とよあしはらのちあきのながいほあきのみずほのくに)」と呼ばれていたようなものですね。  第5回『ハワイ・クアウリ・パシフィック・アンド・アジア・カルチュアル・フェスティバル』  その歴史ある名を冠したこのイベントの構想は、2018年の3月にニュージーランドのオークランドで開催された、パシフィカフェスティバル(Pasifika Festival)への視察により始まりました。  ハワイ・ツーリズム・オーソリティー、ハワイ郡、アイランド・ブリーズ・プロダクションの使節団が、廃れゆく郷土文化の再興と換骨奪胎を目的としたこのフェスティバルを「どうにかしてハワイ島にも持ち帰ることができないか」ということで、様々な試行錯誤とリサーチを重ねた結果、その年の9月に映えある第1回がハワイ島で開催されました。  今年で5回目を数えるこの『ハワイ・クアウリ・パシフィック・アンド・アジア・カルチュアル・フェスティバル』は、サモア、フィジー、トンガ、フィリピン、日本、ニュージーランド、韓国、タヒチ、ハワイを代表する文化グループが参加しており、このお祭りを盛り上げています。 様々に異なる国々のその多様さを共有し感嘆しながらも、お互いの国々の意外な共通点を見出しその意外性を分かち合いながら、文化交流を図るという、まさにコムニカチオ! コミュニケーション(Communication)の語源となったラテン語の「共有する」「分かち合う」が存分に体験できるフェスティバルなのです。  実際こちらのフェスティバルに3日間を通して参加してみて感じたのは、このイベントのためにハワイ島に来る価値のある大変有意義なお祭りだということでした。 ファッション、クラフトアート、フラ・ホイケ(Ho'ike:発表会…

提供・LaniLani



【こちらの記事もおすすめ】
思わず共感する40代独身女性あるある
100均グッズで宅飲みをワンランクアップ
生活費月100万円超「ご近所セレブ」の実態
旅行のお土産、いくらが適切?
あぁ、癒やされる。飼いやすいペット5選