青い光のスピリチュアルの意味は?青い光の正体は?神社の写真に青い光の玉がうつるときはどんな意味や運勢を示しているのでしょうか。

写真や動画に写った謎の青い光の玉…撮影した時にはなかったのに!カメラと光の加減?まさか心霊写真?この正体はいったい何なのでしょう?しかも、よくみると青だけでなく他にも色があります。

光の玉は最近よく話題になっているオーブかもしれません。ここでは写真が捉えた青い光のオーブについて紹介しましょう。

青い光の正体は?オーブ?

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

写真などに写った不思議な青い光の玉のほとんどは“たまゆら現象”といいます。フラッシュや光の加減で空気中のチリや水滴がシャッターを切った瞬間に写り込んだものであると科学的に証明されています。

しかし、全てがそうとも言い切れません。スピリチュアル的なものも存在します。特に自然の中やパワースポットなどで撮影されたオーブの中には青色のモノがあり、1つとは限らず複数が広範囲にわたって散乱していることもあります。これはその土地や撮影した人や被写体にとって縁ある魂からのメッセージです。

オーブはパワースポットに限らず至る所に現れます。色も種類も様々で、どれもその場所に漂う魂や精霊のメッセージで、スピリチュアル的な意味があります。その光の玉の色や状況によっては注意が必要なオーブも存在します。

青い光が見えるスピリチュアルな意味

青い光のオーブは癒しや幸運の印。悪いものや怖ろしい心霊写真ではありません。青い光のオーブはパワースポットと言われる場所で多く撮影され、この地を訪れた人の心身を清めエネルギーを活性化すると言われています。

青い光のオーブを捉えられたなら、その場所に漂う護りや癒しのパワーが写り込んだといえます。青い光のオーブはあなたを護る善霊のパワーです。

特に青い光のオーブは被写体となった人やモノよりも撮影する人に関係することが多く、青いオーブをよく撮影する人はスピリチュアルに興味がなかったとしても霊力やサイキック能力の感性が上がっている証拠。スピリチュアル的なことを少し詳しく学んでみるのも良いかもしれません。

視覚ではなかなか捉え辛いですが、目に見えるものが全てではありません。実はオーブは至る所に常に浮遊しています。

色別のスピリチュアルな意味

青だけでなくオーブには様々な色や形があります。オーブの色で特に多いのは白、黄色。他に緑や透明。稀にシャボン玉のような虹色のようなオーブもあるのです。

また、黒や茶色や赤といったいかにも妖し気なオーブもあります。オーブの色の意味を一部紹介しましょう。

通常、だいたいが白か黄色です。でもよく見ればうっすら色がある場合があります。白のオーブは自分に関わる霊的な光です。先祖や守護霊などが“護っているよ、見ているよ”というメッセージ。

「黄色」は自分を守護している霊が日頃の努力を褒めてくれていて近々、何か良い事が起こる兆しかもしれません。「緑」はその土地の精霊からも歓迎されている幸運の印。ごく稀にしか現れない七色の光を持つオーブは、思わぬ幸運が舞い込む兆しといわれています。

しかし、ちょっと厄介なのは黒、茶色、赤のオーブです。黒や茶色はその場所が邪気や低級霊が影響を及ぼす場所、そして赤は危険やアクシデントを警告しています。

撮影した場所には出来るだけ近づかず、暫くは何事にも注意して過ごしましょう。気になるならば、霊能者やスピリチュアルカウンセラーなどしかるべき人にお預けしてお祓いや清めをオススメします。