妊娠するとつける「腹帯(妊婦帯)」とは何なのでしょうか? どういう効果が期待できるのでしょう? 「腹帯はつけないといけないの?」「いつからつけるの?」といった、腹帯にまつわる疑問やおすすめの腹帯を紹介します。

腹帯(妊婦帯)って何?

腹帯っていつ、妊娠何ヶ月からつけるの? どんな効果がある? 選び方は? おすすめの妊婦帯10選
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

妊娠中のママが大きくなったお腹の赤ちゃんを安定して支え、保護する目的でお腹に巻く帯の事を腹帯と呼びます。腹帯の始まりは古くは平安時代の文献にも見られる事から、日本において長期に渡り続く風習であると言えます。昔はさらしのように長い布をお腹にグルグルと巻きつけていました。

現代も同じようにさらしの腹帯もありますが、腹巻のような筒状の物やベルトタイプなど種類が豊富になり、ママ達は好みや肌質、生活習慣に合わせて選べるようになりました。

妊婦に腹帯(妊婦帯)は必要なの? どんな効果があるの?

腹帯っていつ、妊娠何ヶ月からつけるの? どんな効果がある? 選び方は? おすすめの妊婦帯10選
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

古くからある腹帯はママが楽になる効果が認められているからこそ風習・慣習として続いていると言えるでしょう。具体的なメリットをいくつかご紹介します。

お腹の重みを支える・腰や背中の負担を軽減する

妊娠中は、赤ちゃんの重みだけではなく、羊水が増えて皮下脂肪が付くため、お腹はどんどん大きく、そして重くなっていきます。腹帯でお腹をしっかり支えることで、腰や背中の負担を軽減してくれます。

お腹を温める・外部からの刺激を和らげる

妊娠するとホルモンバランスが変化するため、体が冷えやすくなる場合もあります。妊娠中に体が冷えると、つわりが辛くなったり、お腹の張りが強くなったりすることもあるので、腹帯を付けてお腹を温めましょう。また、腹帯は外部からの衝撃や大きな音などの刺激を和らげてくれます。

腹帯(妊婦帯)はいつからいつまで使う?

腹帯っていつ、妊娠何ヶ月からつけるの? どんな効果がある? 選び方は? おすすめの妊婦帯10選
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

安定期に入りお腹が大きく目立ち始めた妊娠5ヶ月目、最初の「戌の日」に初めて腹帯を巻くのが一般的です。

腹帯を使い始める時期に迷っている方は「戌の日」から使い始めるのがおすすめです。しかし、腹帯をいつから使い、いつまで使うのかは厳密には決まっていないので、ママが必要と感じたら使い始めましょう。

戌の日って何?

日本では一日一日、干支が割り振られているので「戌の日」は12日に一度のペースでやってきます。犬は多産であるのにお産がとても楽にできる事や狛犬が邪気を払う事にちなんで、昔から「安産の象徴」「安産の守り神」とされてきました。縁起担ぎで「戌の日」に安産を願う慣習が定着したと考えられています。

腹帯(妊婦帯)の選び方

腹帯っていつ、妊娠何ヶ月からつけるの? どんな効果がある? 選び方は? おすすめの妊婦帯10選
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

大きくなったお腹を支える腹帯は、実は種類が多い事をご存じですか? サポートしたい場所や妊娠時期、素材、肌質によって選び方はさまざま。まずは腹帯の種類を把握し自分に使いやすい腹帯を選ぶようにしましょう。

さらしタイプ

昔ながらの長い帯状の腹帯です。体のサイズを問わず、締め付け具合もその時の服や体調に合わせて調節できるのが最大のポイント。使い方や巻き方を最初に覚えてしまえば、お腹の大きさに合わせて巻く事ができるので長く使用できるでしょう。安産祈願の「お祝い帯」として贈られるタイプの腹帯です。

腹巻タイプ

伸縮性があり優しくゆったりとお腹を包み込む筒状の腹帯です。部屋でくつろぐ時や寝る時、つわりの時期など体を締め付けすぎずソフトに支えたい時におすすめです。寒い時期にショーツの上からも装着できるので冷え対策にも最適。

パンツ・ガードルタイプ

ショーツ機能もある履くタイプの腹帯で、ずれにくくしっかりサポートできるのが特徴です。出勤や買い物などの外出時、ズボンを履く時などに適しています。調節ベルトで大きくなったお腹に合わせて支える力を変えたり、妊婦健診に便利な前開き機能が付いていたりと妊娠後期まで使えます。

サポートベルトタイプ

大きく重くなったお腹を下からベルトで固定するので、特に腰痛緩和や予防におすすめのベルトです。臨月近くになると、腰や背中、足の付け根付近が重みで痛くなり体がゆがんでしまうこともあります。体のゆがみを防止し、お腹を安定させて体のバランスを保つ事に優れているのでぜひ試してみてください。上記の腹帯の上からも使用できますよ。

骨盤ベルトタイプ

妊娠すると骨盤が少しずつ広がります。妊娠後期には骨盤に痛みを感じるママも増えるでしょう。骨盤の痛みを緩和してゆがみを抑えてくれるのがこの骨盤ベルト。産後は広がった骨盤を元の位置に戻す機能もあり長期に利用できる優れモノです。