タイムリープした人とタイムリープする方法は?タイムリープの意味、タイムリープとタイムスリップの違い、タイムリープする成功条件などについて詳しく解説します。

過去に戻ってやり直したい!…と思ったことはありませんか?修正したい事、消したい事を全て元に戻し、知らなかった事を知ることも…。とはいえ、映画やドラマの架空の話じゃありません。タイムリープ”なんて出来るわけない!

いえ、実はいるのです。タイムリープを経験した人が…もしかすると、あなたにもそんなチャンスが巡ってくるかもしれません。

タイムリープの意味とは?

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

タイムリープ(TIME LEAP)とは過去の自分に戻ることです。同様に未来の自分に飛ぶことも出来るといいます。ただ、そこにも自分がいます。すると…その時代に自分がもう1人?ではありません。過去や未来の自分に今の自分の意識が入るので自分は常に1人、その時の自分に今の自分が存在するのです。

タイムリープは自分が生まれて(過去)から死ぬまで(未来)の間。自分の存在がない“時”には移動は出来ません。時を超えて自分に依存する、幽霊でたとえるなら自分で自分に憑依するようなもの。

今の経験と知識をもったまま入り込むので、過去の過ちや辛い出来事を客観的に体験し、場合によっては修正する事もあるでしょう。未来の自分に入り込めば将来の自分の姿やどんな人生を送ったか知ることが出来るというわけです。

タイムリープとタイムスリップの違い

タイムリープは自分の意識が過去や未来の自分に入り込むこと。タイムスリップは全く違った時代や自分の存在しない過去や未来に自分が時空を超えて行くことです。

わかりやすい例で言えば映画「時をかける少女」はタイムリープ。映画「テルマエロマエ」「バックトゥザフューチャー」はタイムスリップです。

「時をかける少女」のようにタームリープは比較的短い時間の中で過去や未来の自分に入り込み過去を修正し事件を未然に防ぐなど未来予知のようなことも出来るわけです。その“時”を生きる自分は既に存在しているので意識だけが時空を移動します。

タイムスリップは全く自分のいない時空や世界を渡ります。「テルマエロマエ」の映画でもわかるように、紀元前に存在した外国人が突然21世紀の日本(しかも銭湯に)に現れます。そこには自分は存在しないため元いた時代の風貌のまま、全く別の時代で見たこともない人種と出逢うわけです。

どちらも自分は1人きりですが、自分の知る自分の中に意識がある場合と、突然全く違う知らない時代に飛ばされ存在する。本人の興味はさておき、まず、対処や身の振り方はタイムスリップの方が苦労するかもしれません。

タイムリープした人の特徴

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

実際タイムリープの経験がある人には同じような前兆や特徴があるといいます。リアルが夢を見て「あれ?どっちが夢だっけ?」と感じたり、映画やドラマ、小説やマンガなど結末を知っていたり、頻繁にデジャヴを感じたり…これは本人が気づいていないだけでタイムリープを経験している場合があります。

また、他人から見ればいつもと変わらず普通に行動をしているにも関わらず、本人は記憶が曖昧だったり一部分の記憶がない、知らない事を口にしたりする事もあるようです。

こんな事が続くと家族も心配し脳外科の検査を受けさせますが、何の異常もないという事がほとんど。全てがタイムリープとは限りませんが、意識が別の次元に行っているため、自分には覚えのないことが起こっているのでしょう。

スピリチュアルの世界では次元はいくつも重なっていて、フィルター1枚のような世界で繋がっているため、同じような風景で同じような人々が存在しているとも言われています。

タイムリープの効果

タイムリープは過去の自分に戻れるので、やり直したい事、消してしまいたい事を修正し本来の自分(現実の自分)にとって都合の良い状態に変える事が出来ます。

一説には未来へはタイムリーフ出来ないとも言われますが、現時点の自分にとってまだ見ぬ未来を想像するよりも記憶に残る経験と想いがある過去の方が繋がりやすいのかもしれません。

タイムリープを望むのは修正したい過去があるから。未来は修正する対象が掴めないから出来ないと言われるのではないでしょうか?

ただし、過去にタイムリープしたからと言って必ず思い通りになるとは限りません。たとえ修正出来ても、よくあるフィクションのように現時点に戻った自分の状況は多かれ少なかれ影響はあります。過去を変えれば未来は変わる、果たして修正して良いものなのか?難しいところです。

タイムリープの成功条件

先に紹介したタイムリープをした人の特徴にもあるように、リアルな夢をみる、まだ知らないはずの物語の結末を知っている、デジャヴをよく経験するという人はまず、怖がらす素直にその状況を冷静に受け入れる事が大切です。

夢の中の出来事に嫌悪感や拒否、否定はしないこと。それは別の次元の世界で今、自分が生きる世界とは少し違います。

特に「これは夢」と認識している非常にリアルな夢を“明晰夢”といいます。明晰夢を見ている脳波とタイムリープしている時の脳波(一説ではγ波)はほぼ同様といいます。

タイムリープには脳波をこの状態に保てるように自分でコントロール出来るようにしなくてはなりません。それには心身のバランスを整え心をニュートラルにすることが第一歩です。

そして、明晰夢をみても慌てず夢の状況を観察しましょう。夢をみている間は現実との境界線はなくなりますが、夢から覚めれば夢と現実をハッキリ認識できるようになります。