絵本の読み聞かせは、妊娠中に赤ちゃんとコミュニケーションをとることができる胎教の1つの方法です。ママが読んでいてリラックスでき、お腹の中の赤ちゃんにもいい影響がある絵本はどんなものでしょうか? 選び方やおすすめ、読み方のコツなども紹介します。

胎教に絵本の読み聞かせは効果的? 読み方のコツは?

妊娠中の胎教にいい絵本おすすめ14選! 選び方や読み方のコツなどを紹介
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

胎教で絵本の読み聞かせをすることは、赤ちゃんへいい刺激となり脳や感受性の発達を促すと言われています。お腹の中でママの声をたくさん聞いていた赤ちゃんは、生まれてからも情緒が安定し、夜泣きや人見知りが少なくなるなどの効果があるという説もありますよ。

胎教を行うママの中には、英才教育の1つとして英語の絵本を読んであげるママもいるようです。お腹の赤ちゃんは、聞こえてくる言葉の意味まではまだ理解できませんが、ママの声はしっかりと認識できています。

読み聞かせのポイントとして、ママがお腹の赤ちゃんに優しく語りかけるようにゆっくり絵本を読んであげると、ママの優しい声で赤ちゃんは安らぎリラックスした状態になれるそうですよ。

読み聞かせはママにとっても効果的

妊娠中の胎教にいい絵本おすすめ14選! 選び方や読み方のコツなどを紹介
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

胎教は赤ちゃんに対してだけ効果があるものだと思われがちですが、実は読み聞かせは赤ちゃんだけでなくママにとっても有効です。胎教を行うママのメリットは、「ママの精神状態も落ち着かせ、産後うつを発症するリスクを減らす」「生まれる前から赤ちゃんとコミュニケーションを取ることで赤ちゃんへの愛情が深まり、母親としての自覚が育っていく」などがあげられています。

胎教にいい絵本の読み聞かせはいつから始めればいい?

妊娠中の胎教にいい絵本おすすめ14選! 選び方や読み方のコツなどを紹介
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

胎教として絵本の読み聞かせを始めるのは、だいたい25週以降頃がいいとされています。お腹の赤ちゃんは、20週(6ヶ月)頃からママの血液の流れる音や心臓の音が聞こえ始め、28週(8ヶ月)頃かお腹の外側の音や声も聞こえ始めるようになります。よって、だいたい25週以降頃から読み聞かせしてあげることで、ママの声が赤ちゃんにしっかりと届き胎教として効果的と言えるでしょう。25週以降を1つの目安に、ママの体調と相談しながら読み聞かせを始めてみるものいいですね。

胎教にいい絵本を選ぶ時のポイント

妊娠中の胎教にいい絵本おすすめ14選! 選び方や読み方のコツなどを紹介
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

胎教にいい絵本を選ぶ時のポイントをご説明します。

ママが好きな内容、リラックスできる内容の絵本

妊娠中の胎教にいい絵本おすすめ14選! 選び方や読み方のコツなどを紹介
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

読み聞かせする絵本は、何よりママ自身が楽しめる内容で、ホッとリラックスできるような内容のものを選ぶことが一番です。ママのリラックス状態がお腹の赤ちゃんの精神的安定にもつながり、何より胎教に有効と言われているためです。

文字数が多く読むのが困難な絵本、悲しい内容で落ち込んだりイライラしたりする絵本は避け、温かみのあるお話で「赤ちゃんを授かって良かった」「赤ちゃんに会えるのが待ち遠しい」と思えるような内容の絵本がおすすめです。

ママが書店で実際に手に取って面白そうな絵本を選ぶのがベストですが、難しい場合は「絵本ナビ」など絵本の試し読みができるサイトで中身をチェックしてみましょう。ママにとってお気に入りの一冊が見つかれば、愛着が湧いて何度でも赤ちゃんに読み聞かせしてあげたい気持ちになりますね。

読み聞かせのリズムが良く、挿絵がカラフルな絵本

妊娠中の胎教にいい絵本おすすめ14選! 選び方や読み方のコツなどを紹介
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

お腹の赤ちゃんは、言葉の意味はわからなくてもママの声をしっかりと聞いているので、リズムやテンポがいい絵本を読み聞かせてあげるのがおすすめです。

ママが見た情報がお腹の赤ちゃんに影響を与えるという説もあるので、はっきりとしたカラフルな色使いで描かれた絵本を選ぶのがいいですよ。カラフルな色使いの絵本は赤ちゃんが識別しやすいため、赤ちゃんが生まれた後も引き続き活用できるのでおすすめです。