最近では、妊娠中・授乳中でも飲めるノンアルコールのカクテル・ビール・ワインが人気です。たくさん種類があるのでどれがいいのか迷ってしまいますよね。今回はおすすめのノンアルコール飲料を紹介するので、あなた好みの味を見つけてくださいね。

ノンアルコールのカクテル・ビール・ワインって?

妊娠中や授乳中におすすめ! 人気のノンアルコールカクテル・ビール・ワインは?
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

ノンアルコール飲料とはアルコールの分量が1%未満で、外観、味、香りなどが酒類に似ている飲み物のこと。ジュースや清涼飲料水とは異なり、お酒のような香りと深みが味わえるのが特徴です。

ノンアルコール飲料は大きくわけて完全にアルコール成分が含まれていないものと、1%未満ですが微量にアルコール成分が含まれているものの2種類あります。1%未満のアルコールが含まれている場合、たとえ「ノンアルコール飲料」との記載があっても大量に飲むと酔ってしまう場合があります。

ですが、最近は飲酒運転に対する厳罰化の影響も受けて、国内の各メーカーがアルコールを含まない商品を数多く発売しており、製品には「アルコール0.0%」「アルコール0.00%」などときちんと記載されています。

妊娠中や授乳中にノンアルコール飲料は飲んでいいの?

妊娠中や授乳中におすすめ! 人気のノンアルコールカクテル・ビール・ワインは?
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

ノンアルコールビールをはじめ、ノンアルコールカクテルやノンアルコールワイン、ノンアルコール焼酎など、ノンアルコールの種類は様々あります。アルコール飲料と比べても香りや風味が劣らないため、本当にお酒を飲んだかのような気分になれることもあり、ちょっと気分転換したい時などにノンアルコール飲料はおすすめなのです。

「アルコール0.00%」と記載があれば妊娠中や授乳中に飲んでもかまいません。ただし成分表示は四捨五入してもよくなっており、アルコール度数が0.05%以下の場合は「0.0%」と表示されています。気になる方はメーカーやかかりつけ医師に相談してから飲むようにしてくださいね。また、輸入品は「ノンアルコール」と記載されていても、1%未満のアルコール成分を含む場合があります。たとえ1%未満であっても、母親の体内にアルコールが蓄積されると、胎児や乳児に悪影響を及ぼす可能性があるので注意が必要です。

特に妊娠中は胎児の神経系の形成に影響を与えるので、アルコールの摂取には十分に気をつけてください。ノンアルコール飲料は本物のテイストに近づけるために様々な添加物が入っている商品もあるので確認しましょう。