ツインレイとさようなら…ツインレイと別れを選ぶ理由とその後は?ツインレイは運命の相手なのに別れることはあるのでしょうか。ツインレイと別れについて解説します。

ツインレイといえば、あなたにとっての運命の相手とも呼べる人ですよね。しかしそのツインレイと別れを選ぶことになることもあります。運命の相手なのに、なぜそのようなことになるのでしょうか。

そこでこの記事では、ツインレイが別れを選ぶ理由について解説していきます。

ツインレイとさようなら…別れの意味

ツインレイと別れる意味としては、男女で違います。ツインレイ男性の場合、ツインレイ女性のために生きるようになるという意味があります。別れを経験することで、改めてツインレイ女性の大切さを実感し、この人のために生きようと決心を固めるのです。

ツインレイ女性の場合、自立するという意味があります。それまではツインレイ男性に精神的にも頼りっぱなしだったのですが、一人でも生きていけるような強い女性になるために別れが訪れるのです。

そうした強さを持つことができれば、ツインレイ男性を支えることができるようになりますよね。そのため、ツインレイにとって別れは成長するための必要なことであることが多いのです。

ツインレイが別れを選ぶ理由6個

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

ツインレイが別れを選ぶのには、様々な理由があります。そこでここからは、ツインレイが別れを選ぶ理由を解説していきましょう。

1. サイレント期間が訪れた

サイレント期間とは、ツインレイが一時的に別れる時期のことです。この時期に二人は離れ離れになり、それぞれが魂を成長させていきます。そして魂が成長すると、二人は再会し、再度付き合うことになるのです。

そのため、ツインレイが別れてしまうことは、ある程度運命で決められているということになります。別れたことによって初めて気づくことや、考え方が変わることがありますよね。この場合は前向きな別れとなるため、長い目で見れば二人にとって悪い出来事ではないのです。

2. 魂の成長が不十分だった

ツインレイは統合するために出会うのですが、そのためには魂が成長していかなければなりません。お互いの魂の成長が不十分だと、統合に向かっての道を進むことすらできないため別れてしまうことがあります。

しかしこれは永遠の別れというわけでもありません。二人が一度別れて、時間が経ち、魂が成長したらもう一度再会する可能性もあります。それによりツインレイと結ばれることもあるのです。

3. 試練を乗り越えられなかった

ツインレイには様々な試練が訪れることになります。サイレント期間もそうですが、不幸な出来事が起きたり、病気にかかってしまったりすることもあるものです。このような試練はツインレイの魂を成長させるために訪れるものとされています。

これを乗り越えることで二人は成長し、いつか統合することになるのですが、なかにはその試練を乗り越えられないこともあります。そして別れを選んだ結果、今世ではツインレイと統合できないということもあるのです。

4. 相手のことが大切だから

お互いが好き同士だとしても、やむを得ない事情で別れを選ばなければいけないこともありますよね。相手が自分よりも別の人と一緒になったほうが幸せになれると感じたり、二人が一緒になることを家族に反対されていたりというようなことです。

このようなときに、自分の気持ちを封じ込め、相手の幸せのために別れという決断をする人もいます。愛しているが故に別れてしまうこともあるということです。

5. 社会的な倫理観を優先した

ツインレイに訪れる試練として、二人が付き合うことが社会的に許されない状態ということもあります。教師と生徒という関係性であったり、どちらかが既婚者だったりというような状態です。

このようなとき、結ばれるためには相手の家族を不幸にしなければなりませんよね。また、社会的な風当たりも強いです。そのため、社会的な倫理観を優先し、別れを選ぶ人もいます。

6. 偽ツインレイだった

ツインレイだと思っていた相手が、実は偽ツインレイだったということもあります。ツインレイによく似た特徴を持つ相手ですので、このような相手との関係はいずれ破綻し、別れることになるものです。

偽ツインレイとの別れの後は、本物のツインレイとの出会いが訪れると言われています。いわば、この別れは本物のツインレイと出会うために必要な別れとなるため、むしろ良い別れとなるのです。