やましいことがあるときの女性の行動や言動は?やましいことがあるときの女性の心理や特徴とは?女性はやましいことがある時にどのような姿を表すのでしょうか。

嘘をついたり隠しごとをしている時には、相手に対してやましいと思ってしまうものです。男性がやましいことを抱えている時には、すぐに女性に見破られてしまう場合が多いでしょう。

しかし反対に女性がやましいことを抱えていても、意外と男性はそれに気づかないことが多々あります。

男性が気づきにくいのは、やましいことを抱えている時にする言動などを把握していないから、気づくことができないのかもしれません。

やましいことがある女性の心理

相手の信頼を裏切っているという認識があるため、罪悪感を感じるようになります。罪悪感を感じるのは、相手を騙しているので申し訳ない・裏切ってしまったという自責の念を感じるからでしょう。

また、自分が隠していることを知られた場合に相手から軽蔑されたり、時には完全に関係を断たれてしまうことを恐れている感情もあるはずです。

そして自分の行動が相手を傷つける場合もあり、傷つけたくないから隠しておきたいと思うこともあります。

自分の行動が間違っていたという認識がある場合には、そのこと自体を消し去りたいという気持ちになる場合も多いでしょう。相手に知られたくない事実を抱えてしまったために、謝罪や隠し通したい気持ちが芽生えてしまうのです。

やましいことがあるときの女性の行動や言動12個

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

1. 目を真っ直ぐと見つめて会話する

相手の目の動きなどから自分の隠しごとがバレていないか確認するために、女性は目を真っ直ぐと見つめて会話をすることがあります。

目の動きから自分が疑われているかどうか、何かの情報をつかんでいないかを把握しようとします。やましいからといって逃げるような態度ではなく、堂々としているように感じることもあるでしょう。

2. 視線を反らす

嘘をつくのが苦手なタイプの女性は、自分の視線で隠しごとがバレるのを恐れるために視線を反らすようになります。罪悪感を強く感じている場合には、相手の目を真っ直ぐ見ることができなくなってしまうのです。

隠しごとをしているので相手の視線が痛く感じたり、嘘を考えるために視線が泳いだりしてしまうでしょう。それらの反応を隠すために、視線を反らして会話をするようになります。