長年愛され続けているレゴブロック。子供の頃に遊んだというパパママも多いのではないでしょうか。ブロックおもちゃの中でも人気が高いレゴブロックのその魅力に迫ります。年齢別のおすすめ商品も紹介するので、ぜひ子供と一緒にブロック遊びを楽しんでくださいね。

知育効果抜群! レゴブロックの魅力とは

年齢別おすすめのレゴブロック16選 ママたちから選ばれる人気の理由とは
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

知育玩具として根強い人気のあるレゴブロック。ブロック遊びを通して、空間認識能力、集中力、問題解決能力、創造性、発想力を鍛えることができると言われています。レゴジャパンが実施したアンケート調査では、「東大出身者の約7割がレゴブロックで遊んだ経験がある」という興味深い結果が出ています。また、アメリカのコロラド大学とカールトン・カレッジが行った研究では「幼児期のブロック遊びは、成長後に科学・技術・工学・数学の分野の能力発達につながる」という調査結果も報告されています。

もちろんレゴブロックは知育効果だけではなく、楽しく遊んで達成感を得られるおもちゃとしても魅力があります。この記事ではレゴブロックの選び方やおすすめ商品をご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

レゴブロックの種類と選び方

年齢別おすすめのレゴブロック16選 ママたちから選ばれる人気の理由とは
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

レゴブロックを選ぶときには「成長の段階に合わせること」と「好みのシリーズを見つけること」がポイントです。

成長の段階に合っているものを選ぶ

年齢別おすすめのレゴブロック16選 ママたちから選ばれる人気の理由とは
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

レゴブロックの商品にはそれぞれ対象年齢が書かれているので、選ぶときの参考にしましょう。就学前の子には主に次のシリーズなどが人気となっています。

  • レゴデュプロ(対象年齢:1歳半~)
  • レゴジュニア(対象年齢:4歳~)
  • レゴシティ(対象年齢:5歳~)
  • レゴディズニープリンセス(対象年齢:5歳~)など

ただし対象年齢はあくまでも目安。大切なのは子供が使いやすいものを選ぶことです。

例えばブロック遊びに慣れていない5歳の子供に「レゴシティ」シリーズを与えても、難しく感じて興味を持たないかもしれません。そんな子供には「レゴデュプロ」や「レゴジュニア」シリーズを選んであげると夢中になってくれることもあります。ブロック遊びを好きになってもらうためにも、子供の成長に合ったものを選んであげましょう。

好みのシリーズを見つける

種類 特徴
シンプルなブロック クラシックシリーズなど、シンプルなタイプのブロック。自分で考えて自由に組み立てることができます。自由な発想・創造力を鍛えるのに効果的。
動物シリーズ ゾウ、キリン、恐竜など。年齢の低い子でも興味を持ちやすいものが多いです。
街並み・建物シリーズ 公園、お店、お城など。ごっこ遊びがしやすくなります。
乗り物シリーズ パトカー、レーシングカー、列車などを組み立てることができます。特に男の子に人気。
キャラクターシリーズ ディズニーキャラクターやスター・ウォーズなど人気映画作品とのコラボ商品。ブロックであまり遊んでくれない子に興味を持ってもらうきっかけとしておすすめ。

レゴブロックは主に上表の5種類に分けることができます。この中から、子供が興味を持ちそうなものを選んであげましょう。ちなみにレゴジャパンが行った調査では、レゴブロックで遊んだ経験のある東大出身者のうち約9割が、クラシックシリーズのような「説明書無しで自由に組み立てるタイプのレゴブロック」を好んで使っていたという結果が出ています。

一方、完成の形が決まっているタイプのレゴブロックは子供が興味を持ちやすいものが多く、出来上がったときに達成感を得やすいというメリットもあります。「まずはキャラクターシリーズなどで遊び慣れてもらってから、シンプルなタイプのレゴブロックを追加購入した」というパパママも多いですよ。

レゴのブロックはずしもあると便利

年齢別おすすめのレゴブロック16選 ママたちから選ばれる人気の理由とは
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

レゴブロックを購入するときには、ブロックはずしも一緒にそろえておくと便利です。レゴブロックはブロックの組み合わせによってはずれにくくなる場合があります。うまくはずせずイライラして、なかにはブロック遊びに飽きてしまう子供も。ブロックはずしがあるとどんな組み合わせでもスムーズに解体することができるので、とてもおすすめです。