キックボードに次ぐ新たな遊具として注目を集めているブレイブボードですが、種類があり過ぎて、どれを選んだらいいのか迷っていませんか? ここではブレイブボードの種類や対象年齢、乗り方とおすすめの商品をご紹介したいと思います。

ブレイブボードとは? どんなおもちゃ?

ブレイブボードって何? 特徴や種類、乗り方、子供に人気のおすすめな商品を紹介!
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

ブレイブボードはアメリカで爆発的な人気を集め、2008年に日本に上陸した次世代型ボードです。アメリカのRazor社が製造する「リップスティック」というボードを日本の正規代理店であるビタミンiファクトリーが販売する際に「ブレイブボード」と名付けたのが始まりです。日本では、リップスティックに限らず、同じ構造を持つボードを総称して「ブレイブボード」と呼ぶことが多いですね。

ブレイブボードの特徴、スケボーとの違いとは?

ブレイブボードって何? 特徴や種類、乗り方、子供に人気のおすすめな商品を紹介!
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

スケートボードが1枚のボードに4つのウィールがついているのに対して、ブレイブボードは2枚のボードにそれぞれ1つのウィールがついていて、ボード同士がパイプでつながっています。このパイプを軸に、ボードが別々の方向にしなる独特の構造によって、地面を蹴ることなく、身体をひねることで前に進むことができます。サーフィンやスノーボードと動きが近いため、トレーニングとしてブレイブボードを活用することもあります。

ブレイブボードの種類は?

ブレイブボードって何? 特徴や種類、乗り方、子供に人気のおすすめな商品を紹介!
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

サイズ、価格の違いでいくつかの種類に分けられます

ブレイブボードには「リップスティック」の他に、リップスティックを小型・軽量化した子供向けの「リップスター」や「リップスティックデラックスミニ」があります。その他、リーズナブルな価格で購入できる「エスボード」「ジェイボード」と呼ばれるものもあります。これらはメーカーが違いますが、基本的な構造は同じです。

ブレイブボードの対象年齢

ブレイブボードって何? 特徴や種類、乗り方、子供に人気のおすすめな商品を紹介!
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

対象年齢は8歳以上のことがほとんど

ブレイブボードは8歳以上が対象となっているものがほとんどです。8歳から12歳は、身体能力が急激に伸びる「ゴールデンエイジ」と呼ばれますが、遊びながら運動能力を伸ばせるブレイブボードは、この年代の子供にぴったり。キッズ向けモデルとされるものでも耐荷重が70〜80kgのものが多いので、大人が使うこともできますよ。